Vol.35 - 餃子 ~臭いが気になる?けどやめられない~

はい!今週もがむばっていきます IH DE COOKING!
ショールームの機器が展示会の出張から帰ってまいりましたのでブログ再開です。


え~。 いつものわたくし事ではございますが、先日近くのとある美術館に行ってきました。

その日はユダヤ人画家 マルク・シャガール の特別展をやっていたのですが、
その神がかった色彩感覚・・・。 久しぶりに打ちのめされた気分です・・・。


ふと、スナフキンの台詞を思い出します。

「僕のものではないよ、だけど僕が見ている間は 僕のものなのかもね」


一枚うん千万円もするような絵画を、たったの数千円で飽きるまで見られる。
今この時代は僕にとって奇跡以外のなんでもないです・・・。


はい! 臭いセリフが出たところで今日の料理はこちら!!

a0106683_10553873.jpg
「焼き餃子」
でございます~!


大事な打ち合わせやデートの前には
嫌われる食べ物ですが、その香りが
うまさの秘訣! ビールを飲みながら
の餃子は至福のひと時です。

え~。 ここで 「餃子」 のおさらいです。
餃子というのは小麦粉に水を加えて
薄くのばしてつくった皮で肉やエビなどで作った具を包み、茹でたり焼いたり蒸したりした料理。

その歴史は古く、中国の春秋時代(紀元前6世紀頃)の遺跡からはすでに食べられていた
痕跡が見つかっているそうです。 餃子が誕生した中国の華北では主食を兼ねたものが多く、
皮は厚めにして湯に入れて茹でる食べ方の水餃子が主流であり、焼き餃子はあまり
食べられないそうです。 もともと焼き餃子は残り物の餃子を焼いて食べるものであって、
鍋貼(グオティエ)と呼ばれあまり上品な食べ物とは思われていないそうです。

焼き餃子を主流(好む)とする日本からすると、なんとも興味深い話ですね。

a0106683_1122525.jpg
~~~ 材料(約40個分) ~~~

・ 餃子の皮(大きめ) 約40枚
・ 豚ひき肉 300g
・ キャベツ 小1/3
・ ニラ 1/3わ
・ 生姜 小さじ1
・ 酒 小さじ1
・ ごま油 少量
・ 塩コショウ 適量

本日使用致しますIH機器は GAGGENAU VI 230-113 でございます。


~~~ 焼き餃子のレシピ ~~~

まずはキャベツを下茹でします。 熱湯にキャベツを2~3分くぐらせ、
みじん切りにしてからザルなどに移して水分をよ~く切ります。

a0106683_11313728.jpga0106683_11314513.jpg

ニラもみじん切りにし、生姜、ひき肉、酒、ごま油、塩コショウとよく混ぜ合わせます。

a0106683_11354589.jpga0106683_11355683.jpg

これで餃子の具は完成です、意外と簡単ですね。

そしてこの具を皮で包んでいきましょう (今回は時間の関係で市販の皮を使用)
傍らに水を入れたおわんなどを用意し、カレー用のスプーンの2/3程度の量の具を
皮に乗せ(皮のサイズにもよりますが)、皮の端に指で水をつけてから半分に折り曲げ、
片方の皮をヒダ状にしながら、弓なりになるように皮を閉じます。(言葉で説明が難しい・・・)

a0106683_1150887.jpga0106683_11501676.jpg
a0106683_1150244.jpga0106683_11503043.jpg

ふぅ、結局40個位つくって1時間かかってしまいました。 (*゚A゚)=3
さてさて、今度は焼いてみたいと思います。 フライパンを中火で暖めてから油を引き、
IHは円形に加熱されますので餃子をそれに沿って並べていきます。

そして焦げ目が付いてきましたら、ぬるま湯を丁度フライパンを覆う程度の量入れて
蓋をして蒸し焼きにします。 ※やけどにご注意ください。

水がなくなりましたら最後に強火で10秒ほど熱しましたら完成です!

a0106683_1233943.jpga0106683_1235853.jpg

~~~ スチームオーブンで蒸し餃子 ~~~

今回は餃子を作りすぎてしまいましたので、
GAGGENAU BS 250-410 を使って蒸し餃子にも挑戦したいと思います。

a0106683_1230713.jpga0106683_1230143.jpg

こちらのスチームオーブンでは、湿度100%、温度100度程度のいわゆる「蒸し料理」から
湿度100%、温度160度のような「蒸し焼き」にも対応いたしております。

早速それぞれの設定で蒸し餃子を作ってみたいと思います。

a0106683_1235567.jpga0106683_12351131.jpg
a0106683_12375179.jpga0106683_12375819.jpg

左の餃子は湿度100%、温度100度で15分蒸した餃子です。 皮も柔らかくモチモチです。
右の餃子が湿度100%、温度160度で10分蒸し焼きにした餃子です。 こちらは上の方の
皮がパリパリしていて、丁度揚げ餃子と普通の餃子の中間のような不思議な食感でした。
スチームオーブンならば簡単に蒸し餃子ができちゃいますね。

さてさて、今回の IH DE COOKING はいかがでしたでしょうか。
またリクエストがあれば、皮作りにも挑戦してみたいと思います!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-06-20 10:08 | 焼き料理
<< Vol.36 - 焼きビーフン... Vol.34 - クッキー ~... >>

< 記者近影 >
料理の超ビギナーが輸入家電機器を使った古今東西の料理に挑戦するブログです!
by ihcooking
以前の記事
2010年 05月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
カテゴリ
全体
煮物
炒め物
パスタ
グリル
焼き料理
揚げ物
オーブン
スチームオーブン
菓子
IHについて
実験・測定
ガスについて
低温調理
未分類
検索
フォロー中のブログ
kitchen jour...
メモ帳
最新のトラックバック
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
INDEX用エントリー
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
生チョコを作ってみました。
from サイノメ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧