カテゴリ:スチームオーブン( 3 )

Vol.47 - じゃがバター ~スチームオーブンで簡単ホクホクじゃがいも~

急に寒くなってきたと思ったら、今週初めに北海道の稚内で平野の初冠雪。
そろそろコートを下ろさねばいけませんね。 IH DE COOKING です。

初冠雪といえば。
今シーズンに富士山へ行ってきました、と、このブログでも書かせていただいたんですが、
どうやら登山をした日が観測史上富士山での最も早い冠雪日だったそうです。

散々な登山で運が悪かったのか。 いや、経験的には運がよかったのか、難しいところです。

私は旅行が好で、その旅行の計画自体もけっこう好きだったりします。
この目的地まではこれに乗って~、この施設に行って~、この宿に泊って~、
みたいな予定を立てるわけですが、当然そこには トラブル なんて予定に含まれていません。
トラブルなんて厄介なものは起こって欲しくないとさえ思っています。

でも不思議なもので、この起こってほしくないトラブルが起こったときに初めて、
良かった旅ランクの上位に来ているような気がするんですよね。

旅先が遠方であればあるほど、行程が過酷であればあるほどトラブルが起こりやすい。
これはもしかして そこに山があるから の心理に通ずるものがあるんでしょうか?


はい! それではIH DE COOKING の方にいってみたいと思います。

a0106683_1605796.jpg
本日の料理はこちら!

「じゃがバター」
でございます~!


ときどきこういうピュアなものが食べたくなる時がありますよね、もぎたてのキュウリとか、味付けは海水の丸ごと焼いただけのイカとか。

ジャガイモは南米アンデス山脈の高地が原産といわれる。16世紀、スペイン人により
ヨーロッパにもたらされた。 日本には、1600年ごろにオランダ船によりジャカルタ港
より運ばれた。当時は、観賞用として栽培されたという。

痩せた土地でも育ちやすいので歴史的な数々の食糧難を救ってきたそうです。
ジャガイモの芽には有毒なアルカロイド配糖体が含まれることが有名ですね。


a0106683_16335370.jpg~~~ 材料(4人前) ~~~

・ じゃがいも(男爵いも) 4個
・ バター 40g
・ パセリ 少々
・ 塩コショウなど調味料をお好みで

本日使用いたしました機器は、
GAGGENAU BS 250-410
でございます。

~~~ じゃがバターのレシピ ~~~

ジャガイモを良く洗い、芽が出ている場合は切り落とします。
下1センチほどを残して十字に切れ目を入れます。

a0106683_16433588.jpga0106683_16434227.jpg

スチームオーブンを湿度100%、温度100%で予熱をしておきます。
予熱が終わりましたらトレーにジャガイモをのせて35分~40分グリル。

a0106683_16504472.jpga0106683_16505065.jpg
a0106683_1651299.jpg
はい! 最後にバターを乗せ、
パセリをふって完成です!お手軽ですね~。

料理ブログなにのお手軽すぎて
なにやら不安になりますね。
>> Yahoo!グルメ - みかん

塩コショウを少々振るとウマ味が引き立ちます。
マヨネーズや明太子なんかも最高です。
あ、サツマイモで作ってもいけそうですね。

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-10-30 14:12 | スチームオーブン

Vol.30 - 茶碗蒸し ~スチームオーブンで蒸し料理~

こんにちは~!雨が降るとなぜか犬の匂いを思い出すフジハラです。
はい!今日も気合を入れて IH DE COOKING 行ってみたいと思います!


『匂い』 で思い出しましたが、フランスの小説家であり、美食家であった
マルセル・プルーストの代表作品 『失われた時を求めて』 という長編小説に、
喫茶の時間に口にしたマドレーヌの味(匂い)から、幼少期に過ごしたコンブレーの町が
鮮明に、刻々と思い出されるという、なんとも素敵な導入がありましたねぇ。

匂いの記憶というのは、視覚や聴覚の記憶よりも長く鮮明に脳にとどまるそうです。

それだけでなく、懐かしい匂いを嗅ぐと、その瞬間の感情までもが呼び覚まされ、
現在の自分にとってその瞬間が美化されたものであればあるほど、
それを心地よく感じるそうです。 (その逆もまた然りでしょうが)
『好き嫌い』 のメカニズムもきっとこの辺にあるんでしょうね。

そういえば5~6年前くらいに、完全なデータ化が実現!匂いをネット配信! なんていう
ニュースを見つけて、面白いことができないものかとワクワクテカテカしてたことが
ありましたが、まだハードが高価すぎて挫折したこともありました。(笑)


はい! 余談は置いときまして、料理へ行ってみたいと思いますが、
本日はふたたび スチームオーブン を使った料理に挑戦してみたいと思います!

a0106683_9585313.jpg
本日の料理はこちら!
「茶碗蒸し」

でございます~!

ミツバとシイタケ、卵の繊細な香りが
食欲を誘いますね。 ( ̄¬ ̄) ジュルリ

茶碗蒸しといえば、京料理の代表料理
ではありますが、その調理のお手軽さ
から家庭料理としても広く親しまれて
いますね。 ちなみに洋菓子のカスタードプリンもほぼ同じ行程で作れるそうですよ。

~~~ 材料(4人分)~~~

a0106683_10332415.jpg・ 卵 3個
・ だし汁 400cc
・ エビ(調理済み) 4匹
・ シイタケ(乾燥) 2個
・ 鶏肉(細切れ) 100g
・ ミツバ(葉、茎) 適量
・ 銀杏(調理済み) 8個
・ かまぼこ(色はお好み) 4枚
・ 酒 小さじ1
・ 塩 小さじ1
・ 白しょうゆ 大さじ1
・ みりん 小さじ1

【 下味用調味料 】
・ 酒 大さじ1 (鶏肉)
・ しょうゆ 大さじ1 (鶏肉)
・ 酒 小さじ1 (エビ)

今回メインで使用致します機器は、スチームオーブン GAGGENAU BS 250-430
当社ショールームも小改装をいたしまして、スチームオーブン BS 250-430 を上部に、
オーブン BO 240-430 を下に設置しました。 これは圧巻です・・・。

a0106683_1191729.jpga0106683_10483169.jpg

~~~ 茶碗蒸しのレシピ ~~~

乾燥シイタケを使用する場合は水か湯でもどします。 (ここで時間が掛かるので注意)
鶏肉にしょうゆと酒で下味を付けます。 エビは皮を剥き、臭みを除くため酒を振り掛けます。

a0106683_11241931.jpga0106683_1125523.jpg

シイタケをもどし終わりましたら真ん中で削ぎ切りにし、戻し汁を加えた400ccの水に
各調味料を混ぜ合わせます。 粉末のだしを使う場合は一度こしてください。

a0106683_1132464.jpga0106683_11321033.jpg

卵をといて、1~2度こし、だし汁に混ぜ合わせます。

a0106683_1136292.jpga0106683_11374171.jpg

あらかじめ湯などで温めておいた容器に鶏肉とミツバの茎を入れます。
写真は近日発売予定の GAGGENAU ディッシュウォーマー です(温度設定2)。

a0106683_11425542.jpga0106683_1143042.jpg

だし汁を加えましたら、ミツバ、シイタケ、エビ、銀杏を浮かべます。
あらら、エビと銀杏は沈んでしまいました。 あたりまえか・・・。

そしてスチームオーブンを湿度100%、温度80度で予熱をしておきます。

a0106683_11491085.jpga0106683_11492228.jpg

上に泡があるようでしたら取り除き、いざ!オーブンへ投入!
時間設定が不明ですので、とりあえず15分間加熱してみました。

a0106683_11573382.jpga0106683_11574034.jpg

さてさて。 う~ん、表面は固まっていましたが中はまだ固まっていませんでした。
もう10分加熱します、トータル25分ですね。

a0106683_1242849.jpga0106683_1243665.jpg

はい!今度はよさそうですね~。 時間設定は25~30分といった所でしょうか。
ただ、エビや銀杏など色のある具が沈んでしまったのでちょっと見た目が寂しいですね。

ここでちょっと実験をしてみました。

エビや銀杏、ミツバの葉など、表に出ていると綺麗なものは入れずに加熱。
表面が固まるのが大体10~15分の間でしたので、頃合を見計らって
丁度良い硬さになってからそれらの具を上に乗せてみます。 そしてさらに加熱。

a0106683_1214870.jpg今回はちょっと失敗気味ですが、
これなら見た目も整えやすくなりますね。

いやはや~、いかがでしたでしょうか?

いつもぶっつけ本番!ぎみの
IH DE COOKING ですので毎回ドキドキ
しながらの料理ですが、オーブン料理は特に
時間との勝負ですので緊張します・・・。

そこが楽しいんですけどね!! ヽ(#`エ´)ノ

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-04-17 09:04 | スチームオーブン

Vol.23 - スチームオーブン ~水蒸気で焼くってどういうこと?~

どもー! ぶえっくしょいんっっフジハラです!!
どうやら連日の冷え込みにやられて風邪を引いてしまったようです・・・。
来週を過ぎれば暖かくなってくるそうなんですがね~。

うしっ! だからといって風邪ごときにイニシアチブは取らせませんよ~!!
今日も週末パワーフル回転で IH DE COOKING 行ってみたいと思います!


さてさて、本日は当社ガゲナウウェブサイトにて新製品として発表させて頂きました、
新デザインのスチームオーブン BS 250/251-430 をご紹介させて頂きたいと思います。


約7年ぶりにデザインリニューアルを致しました新型オーブンシリーズ。

a0106683_15163231.jpgデザインの無駄を極限まで排除したコントロールパネル。
前面を全てガラスドアで覆うことにより、従来のモデルに
比べ、広々とお使いいただけるようになった調理スペース。
ガゲナウ独自のミートセンサー、各種クッキングタイマー、
ワンタッチ庫内温度表示などの従来までの機能に加え、
一流シェフも認める12の調理機能など、まさに
既成概念を超えた新世代の調理機器を予感させます。

新型スチームオーブンは、従来までの水道直結式から
カートリッジ式の給水システムへ変更となり、お手入れが
格段にし易くなったばかりでなく、調理性能と反比例して
大幅なコストダウンにも成功いたしました。

詳しくはウェブで >> http://www.gaggenau.jp/

~~~スチームオーブンて何? 蒸し器?~~~


『最近、家電製品売り場に行くと スチームオーブン っていう言葉が
並んでいるけど、一体どんな製品なんだろうな~??』

日本でもスチームグリルのできるオーブンが多く発表されてまいりましたが、
まだまだ広く一般にまで浸透はしていない、といった状況です。


それもそのはず、

このスチームオーブンという調理機器は、ガゲナウ330年の歴史 によって
世界で初めて販売され、その機械的精度の高さから、一部のユーザーのみの
利用にとどまっており、一般家庭にお目見えする機会はなかなか訪れませんでした。

しかしながら、近年ではこのスチームグリルのユニークな特徴が注目され始め、
機器自体のコストも下がり、一般量販店にも多く出回るようになってきましたので、
もしかしたら将来的には 一家に一台スチームオーブン!
なんてのもありえない話ではないかもしれません。
個人的な意見としても、大いに期待したくなる画期的な製品です。


- スチームオーブンと蒸し器とはどう違うの?

いわゆる 『蒸し機能の付いたオーブン』 では、茶碗蒸しや点心などの
料理の際に高湿度を保ったまま、100度前後の温度で加熱する、という機器ですが、
『スチームオーブン』 は高湿度を保ったまま、通常のオーブンと同じように
180度以上の高温で調理をすることが可能です。


~~~スチームオーブンの特徴~~~

ではなぜ高い技術を払ってまで、高湿度でグリルをする必要があるのか?
通常のオーブンではできないスチームオーブンの特徴を下記に挙げてみました。

1. 蒸気と食材の油が結びつき、ジューシーさを保ったまま油を落としたヘルシー料理に!
2. 高い湿度で食材のみずみずしさをキープ! 栄養素も旨みも逃がしません!
3. 高温の蒸気で食材の中までしっかり火を通します!

大きく分けるとこの様な特徴となります。
これが本当に可能ならばなんと理想的な料理でしょうか。

逆にここまで持ち上げられると疑わしくなってくるのが人間というものですが、
しかしここは IH DE COOKING! 実際に試してみようじゃありませんか~!

本日はこのスチームオーブンのデモンストレーションと致しまして、まずは
出来るだけ素のままの食材を、出来るだけ簡単な設定で調理してみたいと思います。


~~~温野菜~~~

まずは温野菜に挑戦したいと思います。 「カボチャ」「ブロッコリー」「ニンジン」。
一般的に火を通して食べる野菜を取り揃えてみました。
a0106683_1734641.jpga0106683_17341456.jpg
a0106683_1734268.jpga0106683_17343444.jpg
そして、マニュアルによると温野菜は温度120度、湿度100%で約15分、
とありますので、左のダイアル(湿度設定)と右のダイアル(温度設定)でセットします。
a0106683_17404389.jpga0106683_17405641.jpg
滴り落ちるほどの水分を発する野菜たち。 そして待つこと15分。
a0106683_17461787.jpga0106683_17462457.jpg
早速味見をさせて頂きましたが、カボチャの皮もすごく柔らかく、
ニンジンも芯が残らずしっかりと中まで火が通っています。
水っぽい味になるんだろうな~と少し心配をしておりましたが、それもまったく無く、
むしろブロッコリーは甘みが増したような気がします。 旨みが凝縮?という感じでしょうか。


~~~ローストチキン~~~

続きましてローストチキン(皮付き鳥モモ肉)を調理してみたいと思います。
設定は180度、湿度80%に設定して30分ほどグリルしました。
a0106683_17582137.jpga0106683_17582851.jpg
皮付きのチキンだけあって、相当な油が下の受け皿に滴り落ちます。
いつもはこれだけの油を摂っていたんだと思うと複雑です・・・ f(´-`;)

>> [ 動画 ] スチームオーブンで滴り落ちる油

a0106683_1823833.jpga0106683_1824522.jpg
a0106683_187952.jpg
はい、それではいただきたいと思いますが、
まずは切ってみるとしっかりと中まで火が通って
いるのがわかります、そしてジューシー!!
相当な量の油が抜けたのでもっとアッサリした
食感になるかと思いましたが、
逆に溢れんばかりの肉汁が中から
ジュワッと染み出してきます。

むう。。。 すごいぞこれは。

~~~焼き魚(サンマ)~~~

そして気になっていたのが本当に 『スチームオーブンDE焼き魚』 が出来るのか!
実際に油の乗ったサンマを使って調理してみました。 焼き時間は18分です。
a0106683_18124176.jpga0106683_18125190.jpg
a0106683_1816199.jpg
写真では少々判りにくいですが、
同じように沢山の油が滴り落ち、表面は均一に
焼き色が付いてパリパリです、そして中の身は
ふっくらほこほこ!です (カニの身の様な
感じでしょうか) こちらも高温の蒸気が手伝って
ジューシーな仕上がりになりました。

焼き色が欲しい場合は、20分くらい焼くと
丁度良くなるかもしれませんね。

~~~番外編 再加熱モード~~~

こちらのスチームオーブン、焼き料理が出来るだけでなく、料理の再加熱も優れものです。
水分を補充しながら再度焼き上げますので、市販のパンでも出来立ての手作りパンのような
仕上がりになるとのことで、フランスパンとロールパンを再加熱してみました。
a0106683_18313954.jpga0106683_18314947.jpg
いただいてみましたが、いやはや 外はカリカリ中はふんわり まさに出来立てパンです。
ガゲナウスチームオーブンの奥深さを思い知りました。

さてさて、今日の IH DE COOKING はいかがでしたでしょうか。
今回は一人で褒め倒しているようで何だか歯痒いものがありますねぇ (;・∀・)

こればかりは言葉では伝わりにくいものが御座いますので、実際に体験して頂きたい、
というのが正直な感想です。 当社ではお客様からの食材お持込で、ガゲナウやテカの
製品をご自由に体験できるようになっております。 ご興味のおありのお客様は
是非とも実際にガゲナウスチームオーブンを体験してみてください。

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-02-15 15:23 | スチームオーブン

< 記者近影 >
料理の超ビギナーが輸入家電機器を使った古今東西の料理に挑戦するブログです!
by ihcooking
以前の記事
2010年 05月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
カテゴリ
全体
煮物
炒め物
パスタ
グリル
焼き料理
揚げ物
オーブン
スチームオーブン
菓子
IHについて
実験・測定
ガスについて
低温調理
未分類
検索
フォロー中のブログ
kitchen jour...
メモ帳
最新のトラックバック
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
INDEX用エントリー
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
生チョコを作ってみました。
from サイノメ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧