カテゴリ:オーブン( 5 )

Vol.54 - シュークリーム ~お菓子も出来たてが美味しいのです~

こんにちは。夜のかたはこんばんは。 IH DE COOKING のフジハラです。

会社の窓から下を見ると、隣のお宅の庭先に大きな桜の木が一本。
今年は申し合わせた様なタイミングの大雨で、それはもう豪快な散り際でした。
そして今ではすっかり若葉満開です。 僅か1~2週でなんともせわしない衣替えですねぇ。
普段見る景色も日に日に緑色の濃さが増しています。

・・・それはさておき。 初春といえば 「花粉症」 ですよ!

憎まれこそすれ、感謝されることのほとんどないこの花粉 (電子顕微鏡写真はカッコイイ)
もはや季節行事のように人々の怒りの花を咲かしまくっていますが、
どうやら花粉に対して鈍感だった私も間逃れないようで、
目はムズリムズリ、鼻はグズリグズリ、着実ににじみ寄られています。。。

最早あきらめの境地でいる方も少なくないと思いますが、柔和術はないものでしょうかねぇ。
薬や手術なんかで症状を抑える方法も無きにしも非ずですが、反作用が怖そうですし。

あ、よく 「田舎暮らしは花粉症になりにくい」 といいますが、これヒントでしょうか?

普段から花粉を取り込んでいればナチュラルな免疫ができるってことでしょうかね。
一度折れた骨は折れにくい、の法則でいうと理にはかなっていますね。

よし!今週末は花粉をふんだんに吸い込みに山に行こう!(高速代も安いですし)
外敵は弾くんじゃなくて取り入れるっていうのも今の時代のスタイルに合ってそうじゃないです?


はい!それでは料理の方に移ってまいりたいと思います。

a0106683_13435125.jpg
本日の料理はこちら!

「シュークリーム」
でございます~!


シュークリームと言いますと専門店ができる位ですから、完成されたお菓子のイメージがありますね。 ビアード・パパとか大好物です。 完成度が高いだけに自分で1から作るには敷居が高いよ~な気がしていましたが、ある方から 「シュークリームならそれほど手間もかからず
自作できる」 という話を聞きまして、それならば!ということで、今回はなんとか
シュークリーム=店売り、というイメージを払拭すべくがんばりたいと思います。

ちなみにシュークリームとは、生地を丸く絞り出して焼いたが様がキャベツ
(フランス語のシュ「chou」)に見えることから「シュ・クリーム」と呼ばれ、
生地内の空洞にカスタードクリームなどを詰めるお菓子です。
そして実はこのシュ・クリームという呼び方は和製英語(仏語)で、それもそのはず
シュ・クリームを直訳してしまうと 「靴墨」 になってしまいますw

~~~ 材料(約10個分) ~~~

a0106683_15304356.jpg【 シュー生地 】
・ 薄力粉 60g
・ バター 50g
・ 水 100cc
・ 卵 2個

【 カスタードクリーム 】
・ 薄力粉 大さじ3
・ 砂糖 80g
・ 卵 2個
・ 牛乳 300cc
・ バター 20g
・ バニラエッセンス

並べてみると意外と材料の種類が少ないですね。 今回使用いたしました機器は
GAGGENAU VI230-113GAGGENAU BO 240-430でございます。

~~~ シュークリームのレシピ ~~~

まずは生地を作っていきましょう。 薄力粉を2~3回振るっておきます。

a0106683_1536918.jpga0106683_15361897.jpg

鍋にバターと水を入れ、バターが完全に溶けるまで加熱します。
バターが溶けましたら加熱を止め、薄力粉を加えて一気に混ぜ合わせます。
ある程度混ぜ合わさりましたら、水分を飛ばすために中火(設定7)で焦げないように生地を
混ぜ合わせながら加熱し、鍋表面の生地がパラッとし出しましたら加熱を止めます。(約5分)

a0106683_15482983.jpga0106683_15484077.jpg

生地をボールに移し、卵2個を別容器に割り入れて溶いておきます。
ボールに半分だけ卵を入れて完全に混ぜ合わせ、そこからは微量微量に卵を加え
硬すぎず柔らか過ぎない、写真のような硬さになるように調整します。

a0106683_15574757.jpga0106683_1557566.jpg

オーブンを170度で予熱をします。

オーブンのトレーにオーブンシートを引き、直径5cm位になるように生地を絞ります。
(焼き上げると大体倍の直径10cmくらいの大きさになります。)

170度、下加熱+ファンの設定で約25分焼きます。

a0106683_1634410.jpga0106683_1635365.jpg

この隙にカスタードクリームを作りましょう。
鍋に材料を入れて混ぜ合わせ、2~3度こします。 そして好みの硬さになるまで加熱します。
最後にバターとバニラエッセンスを加えましたらカスタードクリームの完成です。

a0106683_1610638.jpga0106683_16101447.jpg

そうこうしている間に25分経ちました。
オーブンの加熱を止め、ドアを開けずにそのまま4~5分置いたら生地も完成!

a0106683_1613656.jpga0106683_16143232.jpg

生地の下1/3位の位置に切れ目を入れ、絞りに入れたカスタードクリームを
ぐいいい~っ!!っといれてショークリームの完成です!

a0106683_16193824.jpga0106683_16194645.jpg
a0106683_16244378.jpg
はい!
今回の料理はいかがでしたでしょうか。

料理は出来たてが美味しい と言いますが、
お菓子もやはり出来たての方が何倍も美味しいですね。 料理人の特権です。ψ(`∇´)ψ

是非挑戦してみてください!!

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2009-04-15 14:17 | オーブン

Vol.44 - マカロニのラザニア風 ~パーティーにお勧めの一品~

午後には台風がかすめて行くそうです。 IH DE COOKING のフジハラです!
台風が近づくとワクワクしてくるのは何故なんでしょうね?

あ、もしかしてかくれんぼ的なものに近いのか?
絶対に安全な場所(と思い込んでいる場所)に隠れている時に
間近にオニがうろうろしている瞬間は緊張と不安を通り越して笑いがこみ上げてきますよねw

対岸の火事を楽しめる感情
って何のための本能なんでしょうか。 興味深い。

a0106683_9592060.gif余談ですが、台風といえば発生する度にアジアンな名前がついていますよね。 これは誰がつけているんだろうな~といつも疑問に思っていたので調べてみました。

日本では昔からその年の発生順で1号2号…と番号で台風を命名してきましたが、数字では記憶しにくい、印象に残りにくいとの理由から、台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会を立ち上げ、平成12年(2000年)よりそれぞれの加盟国によって命名された名称が使用されるようになりました。

これはもともと欧米で使用されていたハリケーンの命名方法(米国空軍や海軍の気象学者が彼らのガールフレンドや妻の名前を愛称として使った)に習ったもので、アジアでも動物や魚、神話から取られた愛称がつけられています。 (今回の名称Sinlakuはミクロネシアの伝説上の神)

詳しくはこちらのページをご参照ください
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/tcnames.html.ja
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html

はい! それでは例によって料理の方にまいりたいと思います。

a0106683_10514196.jpg本日の料理はこちら!

「マカロニの
  ラザニア風」

でございます~!(様式美)

なぜラザニアではなくマカロニを使ったラザニアなのかと言いますと、先日とても美味しいマカロニのラザニアに出会ってちょっと悔しかったという浅い理由だけです・・・。 (・ω・A;)

ちなみにラザニアというのは平たい板状のパスタの一種で、深さのある耐熱容器に、
ベシャメルソース、ミートソース、ラザニア、チーズを何層か重ね、最上段のホワイトソースに
焼き色がつくようにオーブンで焼いた料理を言います。

~~~ 材料(6~8人分) ~~~

・ トマトピューレ 300cc
a0106683_11151414.jpg・ ニンジン 1/2個
・ ナス 1/2個
・ タマネギ 1/2個
・ 挽肉 200g
・ コンソメ 固形1個
・ 塩コショウ 適量
・ ホワイトソース 300cc
※今回は出来合いのものを使用
・ マカロニ 150g
・ マッシュルーム 50g
・ 細切りのチーズ 適量(200g)
・ パン粉 適量
・ 粉チーズ 適量
・ パセリ 適量

本日使用いたしましたIHクッキングヒーターはTeka VI TC 30 2I
オーブンは GAGGENAU BO 240-430 を使用いたしました。

~~~ マカロニのラザニア風のレシピ ~~~

ミートソース

ニンジン、ナス、タマネギを細かく切りそろえ、
ニンジンが柔らかくなるまでを目安に挽肉と一緒に炒めます。

トマトピューレとコンソメを加え、コンソメの形がなくなるまで
かき混ぜながら中火で煮込み、最後に塩コショウで味を調えます。

a0106683_1131629.jpga0106683_11311320.jpg
a0106683_11312691.jpga0106683_11313463.jpg

ホワイトソース

マカロニを指定の通りの時間茹でましたら、ホワイトソース、マッシュルームと混ぜ合わせて
弱火で加熱しながら塩コショウで味を調えます。 これで材料の下ごしらえは完了です。
(ホワイトソースの作り方はグラタン編をご覧ください。)

a0106683_11371474.jpga0106683_11371910.jpg

オーブンで焼く

まずはオーブンを230度で予熱しておいてください。

ある程度の深さのある耐熱容器に、ミートソースの1/2を全体に敷き詰めます。
その上からすべてのホワイトソースを敷き詰め、さらに残りのミートソース。
その上にチーズをたっぷりと乗せ、さらにお好みのチーズや香辛料、パン粉を乗せます。

a0106683_1151284.jpga0106683_11511195.jpg
a0106683_11512423.jpga0106683_11513187.jpg

予熱が終わりましたら、熱風+グリルモードの230度で約12分焼きます。
最後にパセリを少々ふりましたらマカロニのラザニア風の完成です!

a0106683_11582313.jpga0106683_11582919.jpg
a0106683_1203767.jpg
大人数で取り分けながら食べる感じですね、
パーティーなんかでは重宝するかもしれません。
食べられなかった分は冷凍しておいて、また
オーブンで焼きなおせば美味しくいただけます。

さてさて、今回の IH DE COOKING はいかがでしたでしょうか。 ラザニアは美味しいけど食べ過ぎると絶対太るだろうな~。 三ノ´・д・)ノ

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-09-19 10:23 | オーブン

Vol.29 - 石焼きピザ ~ガゲナウオーブン & ピザストーン~

ナマステ!! IH DE COOKINGです!
寒くもなく。 暑くもなく。 本当に春らしい陽気が続いています。

週末には遠出をしようと計画していたのですが、春眠暁がなんとやら。
部屋の大掃除と、映画を立て続けに3本見たくらいの休日でした。
(そういえば8年ぶりくらいにパソコンの壁紙も変えました。)

こうなると締まりが無くなるくらい快適な陽気ってのも考え物ですね~。 (〃´o`)=3
少し論点がずれるかもしれませんが、「規則正しい生活は体に悪い」という意見も
あながち間違っていないのかも知れません。 多少の負荷は良薬なり、です。

さて! 本日のIH DE COOKING は、
近日発売予定の新ビルトインオーブン、GAGGENAU BO 240/241-430 と、
専用アクセサリー ピザストーン を使用した料理に挑戦してみたいと思います!

a0106683_10352468.jpga0106683_10373881.jpg

はい! 本日の料理は、
「チーズとバジルのトマトソースピザ」 と、
「ポテトベーコンとツナのピザ」 でございます!
(いわゆるスタンダードなピザですね)

本日使用致します機器は、スチームオーブンと共にデザインを一新致しました
新型ビルトイン・オーブン GAGGENAU BO 240/241-430

各種クッキングタイマー、ワンタッチ庫内温度表示、などの従来までの機能に加え、
12の調理機能、さらにはガゲナウ社が独自のアクセサリー「ミートセンサー」、
本格石焼き料理がお楽しみいただける「ピザストーン」、
「大容量キャストロースター」や「ガラス製のトレー」など、
一流シェフも認める性能と装備で、本格的な料理を楽しみいただけます。

>> ガゲナウ ビルトイン・オーブン BO 240/241-430

a0106683_1184520.jpga0106683_1185595.jpg

え~。 日本でもファストフードとしておなじみのこちら 「ピザ(ピッツァ)」
すでにご周知の通りの料理でございますが、ここでちょっと予習。

「 ピザ、またはピッツァ (英・伊:Pizza) は、小麦粉をこねて作った丸く薄い生地
(ドウ、dough) の上に具を乗せ、オーブンや専用の竃などで焼いた食品である。
イタリアで生まれ、世界的に広く食べられている料理である。
・・・
一般的な作り方は、生地の上にトマトソースを薄く塗り、野菜や肉などの具とチーズを乗せる。
オーブンで焼き、生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつけば出来上がり。
ただし、トマトソースを使わないピザや、チーズを使わないピザもある。
トマトソースを使わないものをビアンカと言う。 パスタのボンゴレにはボンゴレ・ビアンコと
ボンゴレ・ロッソがあり、ビアンコは「白」、ロッソは「赤」という意味ですので、
今回のピザでは後者はピッツァ・ビアンコということになりますね。
・・・
肥満の人を「ピザ」と呼ぶ場合がある。 」 wikiより抜粋

だそうです。 とても自由度の高い料理ですので、
やはり地域や文化の数だけピザのバリエーションがあるようですね。
今回のピザもアドリブで具を選んでいますので、お好みの食材を使って
自分だけのオリジナルを作れるのがピザの醍醐味かもしれませんね。

~~~ 材料(4枚分) ~~~

a0106683_11575675.jpg【 ピザ生地 】

・ 小麦粉 400g
・ イースト 40g
・ ぬるま湯 200cc
・ オリーブオイル 大さじ2
・ 塩 大さじ1
・ 砂糖 大さじ1

【 トマトソースのピザ 2枚 】

・ トマトピューレ 300g
・ サラミ 適量
・ タマネギ 1/2個
・ マッシュルーム 適量
・ ピーマン 1個
・ フレッシュバジル 1茎
・ にんにく 適量
・ チーズ 適量
・ 塩・こしょう 適量

【 ポテトベーコンのピザ 2枚 】

・ ジャガイモ 2個
・ ベーコン 適量
・ タマネギ 1/2個
・ ツナ 2缶
・ チーズ 適量
・ マヨネーズ 適量
・ ローズマリー 適量
・ 塩・こしょう 適量

~~~ ピザ生地のレシピ ~~~

まずはピザの土台となる生地をつくります。
大き目のボールに小麦粉、イースト、オリーブオイル、塩、砂糖を入れ
ぬるま湯をゆっくりと加えながら生地が均一になるまで混ぜ合わせます。

a0106683_13295426.jpga0106683_1330235.jpg

生地を混ぜ終わったら、風が直接当たらない場所で、生地に濡れ布巾をかぶせて
2時間ほど寝かせますと、生地が一回り大きく育ちます。

a0106683_13335875.jpga0106683_1337611.jpg
a0106683_13371945.jpga0106683_1338637.jpg

生地を枚数分に分割し、さらに20分ほど寝かせます。 これで生地は完成です。
※ちなみに完成後の生地は1時間ほどでまたしぼんでしまいますので
  その間にすべて焼き終えてください。(体験談)

a0106683_1341576.jpga0106683_1341123.jpg

~~~ チーズとバジルのトマトソースピザのレシピ ~~~

ピザ生地を寝かせている間に、それぞれの具を準備します。
トマトピューレを小ナベにいれ、塩、コショウ、にんにくで味を調えます(少々辛めに)。
野菜、バジル、サラミは大きさをそろえて切っておきます。 これで具は完成です。

a0106683_13494840.jpga0106683_13495517.jpg

平らな台の上に小麦粉を均等に振り、先程用意した生地を麺棒で伸ばします。
はじめは縦方向に、その後横方向に、という感じで正円になるように伸ばし、
付属のヘラに丁度乗る位の大きさにします。

a0106683_13551844.jpga0106683_13552786.jpg

具を乗せていく前に、ヘラの上に小麦粉を振って生地を乗せます。
まずはトマトソースを塗り、野菜とサラミを乗せ、最後にチーズをたっぷり!乗せます。

a0106683_13592119.jpga0106683_13592858.jpg
a0106683_145183.jpga0106683_1452555.jpg

そしてオーブンで焼いてしまうわけですが、オーブンはあらかじめ「ピザストーンモード」の
300℃設定で予熱をしておいてください。 (10~15分くらいかかります)
ピザストーンの調理の際には、専用のヒーターを石の下に差し込みます。

a0106683_14111092.jpga0106683_14111972.jpg

石の上に少量の小麦粉を振り、生地をヘラから石へ移して5分間焼きます。
5分経ちましたら、生地を石に乗せたまま、バジルを均等に乗せます。
(バジルは熱で変色しやすい為) さらに1~2分焼いて出来上がりです!

a0106683_14255322.jpga0106683_1426081.jpg
a0106683_14261689.jpga0106683_14262372.jpg
a0106683_14263118.jpga0106683_14263915.jpg

~~~ ポテトベーコンとツナのピザのレシピ ~~~

はい!テンションの高いうちにもう一種類行ってみましょう!

ジャガイモは下茹でした後に薄く輪切りにします。
ベーコンは約20mm角に切りそろえ、それに合わせるようにタマネギを切ります。
先程と同じように生地を伸ばし、上にオリーブオイルを塗ります。

a0106683_14352026.jpga0106683_14353115.jpg

まずは均等にジャガイモを敷き詰め、タマネギ、ベーコン、ツナを乗せ、塩コショウします。
上からマヨネーズを網の目状にかけ、チーズを乗せ、ローズマリーを少量振ります。

a0106683_14424488.jpga0106683_14425298.jpg

そしてオーブンへ投入!
今回は再度開ける必要はありませんので、そのまま6分間焼き上げて完成!

a0106683_14504677.jpga0106683_14505354.jpg
a0106683_14512073.jpga0106683_14512857.jpg

はい! なんとか二枚とも無事焼きあがったようなので一安心です。
ご家庭で本格石焼きピザ!慣れるまでは少々大変かもしれませんが、
本当に楽しくおいしくできます!大勢でワイワイやるのが良いかもしれませんね。

機会があったら今度はクリスピータイプの厚めの生地に挑戦してみたいと思います!

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-04-07 09:44 | オーブン

Vol.17 - ローストポーク ~ガゲナウ オーブン・ミートセンサー~

こんにちは! 今年ラストのIH DE COOKING です!! (*゚∀゚)=3

本年の業務も、残すところあとわずか一週間となってしまいました。
一年とはなんとも早いものですね・・・。

当社関係者の皆様、並びにこのブログを楽しみ?に見て頂いている方々、
今年は本当にお世話になりました。 来年も何卒宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m

さてさて、冒頭にラスト!と書かせていただいた以上
締めくくりにふさわしい料理に挑戦する、というのが筋というものですね。

ふ~む。 ふむふむ。 いろいろ頭をよぎりますが、
やはり機器の性能を最大限に活かせる料理でいきましょうかね!

a0106683_1644432.jpg
ということで!
今年最後の料理は!

『ローストポーク』
&3種のキノコのマスタード炒め

でございます!


先日よりご紹介をさせて
いただいております GAGGENAU
(ガゲナウ)ビルトインオーブン
には、
グリルしたい料理の内部温度を計測する 『ミートセンサー』 という
GAGGENAU社独自の機能が搭載されております。

外側からは判断しにくい内側の焼け具合を、目に見える形にすることで、
プロの料理人でなくとも簡単に料理の完成イメージを思い浮かべることが可能です。


~~~ 材料~~~

a0106683_1682821.jpg・ 豚肉肩ロースブロック 350g
・ オリーブオイル 大さじ1
・ おろしにんにく 小さじ1
・ あらびきコショウ 適量
・ ハーブソルト 適量
・ 乾燥ローズマリー 適量

【 キノコのマスタード炒め 】
・ しめじ 100g
・ まいたけ 100g
・ えのき 100g
・ バター 小さじ1
・ オリーブオイル 小さじ1
・ 塩コショウ 適量
・ マスタード 大さじ1
・ 白ワイン 大さじ1

今回使用いたしましたIH機器はGAGGENAU VI230-113
焼く際にはGAGGENAU EB241-400を使用しました。
※現在はドアフレームがシルバーのEB241-430を販売いたしております。

a0106683_16125189.jpga0106683_16131960.jpg

~~~ ポークに下味をつける~~~

さてさて、まずはこのブロック肉に下味をつけます。
オリーブオイル、おろしにんにく、あらびきコショウ、とハーブソルト(the万能調味料!)を
もみ込むようによくなじませ、最後に乾燥ローズマリーを多めにふります。

a0106683_1634386.jpga0106683_16344691.jpg

そしてラップをかけて、冷蔵庫で一晩寝かせます。 (-ρ-)........zzz
※最低2~3時間は寝かせてください。


~~~ オーブンで焼く・ミートセンサー~~~

オーブンに「ワイヤーラック(上から二段目)」と油受けのための
「クッキングトレー(上から四段目)」を差し込み、180℃で予熱をしておきます。

予熱が終わりましたらワイヤーラックに油を塗り、
寝かせておいたブロック肉をワイヤーラックの中央に乗せます。

a0106683_16475352.jpga0106683_1648333.jpg

ここでミートセンサーの登場です。 ブロック肉の一番厚みがある部分の中心に
センサー部を差し込み、反対側をオーブン個内の左上にあるソケットに差し込んでください。

a0106683_1655398.jpga0106683_16551056.jpg
a0106683_16552946.jpga0106683_16553857.jpg

温度設定は180℃のまま、+-ボタンでミートセンサーの目標温度を設定します。
オーブンのマニュアルには 「70℃:レア」 「75℃:ミディアム」 「80℃:ウェルダン」
とありましたので、今回は75℃に設定してみました。

a0106683_16595671.jpga0106683_170462.jpg

ドアを閉め、ブロック肉の中心が目標温度になるまで焼きます。


~~~ キノコ炒めをつくる~~~

ブロック肉を焼いている間に、キノコソテーをつくってしまいましょう。
それぞれのキノコをバラバラに手で裂き、バター、オリーブオイルをひいた
フライパンでしんなりするまで炒めます。 しんなりしてきましたら
マスタード、白ワイン、塩コショウを加えて、水分を飛ばすように強火で炒めます。

a0106683_1775618.jpga0106683_178624.jpg


~~~皿に盛り付けて完成~~~

センサーの目標温度になりますと、オーブンがシグナルとビープ音で知らせてくれます。
さてさて、焼き具合はどんなもんでしょうか?

a0106683_17133675.jpga0106683_17134492.jpg

おぉ~! なかなか良さそうな焼け具合です! (*゚∀゚)=3
先ほどつくりましたキノコソテーと一緒に皿に盛り付けて完成です!

a0106683_1729337.jpg
少々レアな出来になりましたね、
設定温度は80℃位が丁度良かった
かもしれません。

兎にも角にも、初めてのローストポークでしたが
何とか失敗せずに美味しくできました。

このミートセンサーはなかなかの
優れものの様ですね。。 (; ̄ω ̄)ゞタスカッタ

さてさて、今回のIH DE COOKING はいかがでしたでしょうか。
ますます挑戦したい料理が出てきて来年も大変そうだ~!!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-12-26 15:00 | オーブン

Vol.10 - マカロニほうれん草グラタン ~ガゲナウ ビルトインオーブン ~

こんにちは。 最近料理の勉強にと鉄鍋のジャンを読み始めたフジハラです。

さ~て!早いものでもう第10回目となりました IH DE COOKING!
今日も相変わらずマイペースでいきますよ~!

a0106683_11425440.jpgはい! 本日作ってみたいと思いますのは、

『マカロニグラタン』
でございます!

いいですね~。
だんだん料理ブログらしくなってきましたね~。

マカロニグラタンと言えば、
実家でイベント事があると、決まってこの
「マカロニグラタン」が食卓にあがりました。

誕生日に「マカロニグラタン」。
クリスマスに「マカロニグラタン」。
入学祝いに「マカロニグラタン」。
卒業祝いにも「マカロニグラタン」。

僕にとってこの「マカロニグラタン」はただの「マカロニグラタン」ではないのかもしれません。
(なんだかマカロニグラタンがゲシュタルト崩壊してきましたのでこの辺でやめておきます。)

そして初のオーブン料理ということで、
GAGGENAU(ガゲナウ) ビルトインオーブン のご紹介もさせていただきます!


~~~ 材料 (4人分)~~~

a0106683_11564272.jpg・ マカロニ 100g
・ 鶏肉 150g
・ タマネギ 中半分
・ ほうれん草 1束
・ バター 大さじ1
・ 塩こしょう 適量
・ 粉チーズ 適量
・ パン粉 適量

【 ソース 】
・ 牛乳 2と1/2カップ
・ バター 大さじ3
・ 小麦粉 大さじ3
・ 塩こしょう 適量

今回使用いたしましたIH機器はGAGGENAU VI230-113
オーブン料理にはGAGGENAU EB241-400を使用しました。
※現在はドアフレームがシルバーのEB241-430を販売いたしております。
a0106683_1221173.jpga0106683_12359100.jpg


~~~グラタンソースを作る~~~

まずはグラタンのソースを作っていきますが、前準備としまして「タマネギ」をスライスに、
「ほうれん草」は沸騰した湯で30秒ほど茹でた後、水で洗ってよく絞り、5等分くらいに
切っておきます。 (根の部分は切り捨てます)

a0106683_13121094.jpg1.具をいためる

フライパンにバター大さじ1、少量の油を引き、
先ほど下ごしらえをしました「タマネギ」
「ほうれん草」と、「鶏肉」を混ぜて炒め、
塩コショウで味付けをします。

2.マカロニを茹でる

沸騰させたお湯でマカロニを茹でます。
時間は「お勧めの茹で時間」に1分ほど
足した時間だけ茹でてください。

3.ソースを作る

鍋にバターを大さじ3入れて弱火で溶かし、溶け終わったら
大さじ1杯分をスプーンですくい、盛り付ける皿の底にまんべんなく引いてください。
鍋に大さじ3の小麦粉を加え、小麦粉の「だま」がなくなるまで混ぜ合わせます。
a0106683_1325392.jpga0106683_13251258.jpg
a0106683_1332167.jpgここで一旦火を止め、分量の半分の牛乳を
加えて、ムラがなくなるまで混ぜ合わせます。

ムラがなくなったらもう半分の牛乳を加えて
混ぜ合わせます。

火を中火に戻し、ソースにとろみ(コーンポタージュスープ位でしょうか)が付くまで約30分ほど煮込んでください。 ※工程は3になっていますが、ここで時間がかかるので、始めにソースつくりを始めると効率がよいです。

ソースが出来上がりましたら、1の具と2のマカロニを全て加えて混ぜ合わせます。
味見をしながら塩コショウで味付けをしてください。

4.皿に盛り付けてオーブンで焼く

出来上がったソースを皿に盛り付け、粉チーズ(たっぷり)とパン粉を振り掛けます。
a0106683_13422756.jpga0106683_13445317.jpg

さて、ここからオーブンの出番ですが、まずは庫内の予熱ですね。

右のダイアルの温度調整を「230」に、モードは「グリルモード」に設定しておきます。
(左の「チェックマーク」を押すことで、現在の庫内温度を知ることもできます)
a0106683_1351266.jpga0106683_13511069.jpg

今回は実験としまして2つのモードを試してみることにしました。

ひとつは予熱の際に使った「グリルモード」、もうひとつは「グリルモード+上ヒーター」です。
GAGGENAUのクッキングマニュアルではグラタンには「グリルモード」をお勧めしていますが、
聞くところによると「表面にコゲめを付ける」目的であれば「グリルモード+上ヒーター」
の方が丁度良いのではないか、とのことでした。

では早速2回に分けて焼いてみたいと思います。
a0106683_146347.jpga0106683_1461226.jpg
a0106683_1464533.jpg
上が「グリルモード 230℃」、
左が「グリルモード+上ヒーター 230℃」です。
どちらも良い焼き色に仕上がりましたね~。

そして焼き時間ですが、これはオーブンの性能
によっても時間が変わってくるかと思いますので
焼き色を目で見て判断をしましたが
「グリルモード」は約15分、
「グリルモード+上ヒーター 」は約8分、
で写真の焼き色になりました。

さっと焼き色をつける目的なら「グリルモード+上ヒーター 」のが
おおよそ半分ぐらいの時間でよさそうですね。 v(。-_-。)v


さてさて、今回のIH DE COOKINGいかがでしたでしょうか。

味付けの追記ですが、今回はシーフードなどとは違って、あまり「ダシ」の出る食材を
使用しませんでしたので「塩コショウ」のみのシンプルな味付けとなりましたが、
もっと深みを出すためにソースを作る際に「コンソメ」を一個落とすくらいが
丁度良かったかもしれませんね。

おためしあれ。 (@´∀`)o


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-11-08 11:06 | オーブン

< 記者近影 >
料理の超ビギナーが輸入家電機器を使った古今東西の料理に挑戦するブログです!
by ihcooking
以前の記事
2010年 05月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
カテゴリ
全体
煮物
炒め物
パスタ
グリル
焼き料理
揚げ物
オーブン
スチームオーブン
菓子
IHについて
実験・測定
ガスについて
低温調理
未分類
検索
フォロー中のブログ
kitchen jour...
メモ帳
最新のトラックバック
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
INDEX用エントリー
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
生チョコを作ってみました。
from サイノメ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧