<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Vol.36 - 焼きビーフン ~お米の麺~

どもども~! 全力疾走 IH DE COOKING です!

そういえば最近全力で走る(かけっこの方)機会がないですね~。
昔は友達と、意味もなくそこらじゅうを全力疾走しまくって、怪我しまくったものです。

皆さんは、突然無性に全力で走りたくなる衝動にかられることがありませんか?

僕は子供の頃から、程度の大小はあれど無性に全力ダッシュをしたくなる時があります。
もちろんいい大人が外で走り回っているのはものすごく怪しい (・ω・;) ので実際には
料理をしたり、ドライブをしたり、旅行をしたりなんてことに転換させているわけですが、
なんにしても、僕は貴重なこの 「全力で走りたくなる衝動 (熱エネルギー) 」 を
無駄にしないようにと思っています。 (いわゆるエコ ヾ(。・ω・。)ノ゙ )

ですので、一日一回。

なんでも良いので自分の身になることを一瞬だけでも全力で実践しています。
テレビゲームでも、筋トレでも、読書でも、音楽鑑賞でも、トイレ掃除でも、
その瞬間だけ全神経を集中させています。

それが健康的に、向上心を持って生きる秘訣の一つではないでしょうか。
行き場のないエネルギーを溜め込むと逆にそれがストレスになってしましますしね。 f(´-`;)

はい! そんなわけで今日も全力でがんばります!
a0106683_1051484.jpg
本日の料理は!

「焼きビーフン」
でございます~!

ケンケンミンミン焼きビーフン♪
昔、逸見さんがCMやってましたねぇ

僕の中ではパスタ、蕎麦に並んで
あなどれない麺料理の一つです。

さてさて、こちらビーフンという料理。 やはり中華を主流とする料理のようですが、
麺の材料として使用されているのは 「米」 、中華料理に使用されている麺の多くが
小麦粉を使用しているのに対してビーフンが米を原料としているのは、気候による
小麦と米の栽培のし易さが関係しているようです。 (米は降雨量の多い地域で栽培し易い)

中原で発達した中華料理が南へ伝わる過程で原料も地域に合ったものに変わり、
東南アジア地方へ伝わる頃には独自の料理として完成されたものも多くあります。
(ベトナムのフォーとか生春巻きとかね。)

ビーフンもそのような過程を経て生まれたイカシタ食材です。

~~~ 材料(4人分) ~~~

a0106683_11273772.jpg・ 乾燥ビーフン 150g
・ 冷凍剥きえび 150g
・ 鳥ササミ 100g
・ キャベツ 小1/4
・ ニラ 1/2わ
・ タマネギ 1/2
・ 干ししいたけ 1個
・ 鶏がらスープの素 大さじ1
・ しょうゆ 大さじ2
・ 酒 大さじ2
・ 塩コショウ 適量
・ 生姜(練りショウガ) 小さじ1/2
・ ごま油 適量

本日使用致しますIH機器は GAGGENAU VI 230-113 でございます。

~~~ 焼きビーフンのレシピ ~~~

まずは下ごしらえ、干ししいたけを100ccのお湯で戻し(写真は200ccですが気にしないで)、
乾燥ビーフンはお湯で茹でて、冷水でゆがいてからザルに入れておきます。

a0106683_11352580.jpga0106683_1135322.jpg

鶏肉、タマネギ、キャベツ、ニラを大きさをあわせて細切りにしてください。

フライパンにごま油を引き、エビ、鶏肉を軽く炒めてから
キャベツ、タマネギを入れてさらに炒めます。(強火:設定9)

a0106683_1141840.jpga0106683_11411415.jpg

中火(設定5)に落としましたら、ビーフン、ニラ、干ししいたけとその戻し汁、
鶏がらスープ、しょうゆ、酒、しょうがを加えてさっと炒めます。

最後にごま油大さじ1を入れ、塩コショウで味を調えて完成です!

a0106683_11494217.jpga0106683_11494837.jpg
a0106683_11532388.jpg
中に入れる具も特に決まっていませんので
色々試してみるのも楽しいかもしれませんね。
中華スープに入れて煮麺風も良いですね。
バリエーションは無限です。。

さてさて、今回のIH DE COOKING
いかがでしたでしょうか。

リクエストお待ちしております! (・∀・)ノシ

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-06-27 10:29 | 炒め物

Vol.35 - 餃子 ~臭いが気になる?けどやめられない~

はい!今週もがむばっていきます IH DE COOKING!
ショールームの機器が展示会の出張から帰ってまいりましたのでブログ再開です。


え~。 いつものわたくし事ではございますが、先日近くのとある美術館に行ってきました。

その日はユダヤ人画家 マルク・シャガール の特別展をやっていたのですが、
その神がかった色彩感覚・・・。 久しぶりに打ちのめされた気分です・・・。


ふと、スナフキンの台詞を思い出します。

「僕のものではないよ、だけど僕が見ている間は 僕のものなのかもね」


一枚うん千万円もするような絵画を、たったの数千円で飽きるまで見られる。
今この時代は僕にとって奇跡以外のなんでもないです・・・。


はい! 臭いセリフが出たところで今日の料理はこちら!!

a0106683_10553873.jpg
「焼き餃子」
でございます~!


大事な打ち合わせやデートの前には
嫌われる食べ物ですが、その香りが
うまさの秘訣! ビールを飲みながら
の餃子は至福のひと時です。

え~。 ここで 「餃子」 のおさらいです。
餃子というのは小麦粉に水を加えて
薄くのばしてつくった皮で肉やエビなどで作った具を包み、茹でたり焼いたり蒸したりした料理。

その歴史は古く、中国の春秋時代(紀元前6世紀頃)の遺跡からはすでに食べられていた
痕跡が見つかっているそうです。 餃子が誕生した中国の華北では主食を兼ねたものが多く、
皮は厚めにして湯に入れて茹でる食べ方の水餃子が主流であり、焼き餃子はあまり
食べられないそうです。 もともと焼き餃子は残り物の餃子を焼いて食べるものであって、
鍋貼(グオティエ)と呼ばれあまり上品な食べ物とは思われていないそうです。

焼き餃子を主流(好む)とする日本からすると、なんとも興味深い話ですね。

a0106683_1122525.jpg
~~~ 材料(約40個分) ~~~

・ 餃子の皮(大きめ) 約40枚
・ 豚ひき肉 300g
・ キャベツ 小1/3
・ ニラ 1/3わ
・ 生姜 小さじ1
・ 酒 小さじ1
・ ごま油 少量
・ 塩コショウ 適量

本日使用致しますIH機器は GAGGENAU VI 230-113 でございます。


~~~ 焼き餃子のレシピ ~~~

まずはキャベツを下茹でします。 熱湯にキャベツを2~3分くぐらせ、
みじん切りにしてからザルなどに移して水分をよ~く切ります。

a0106683_11313728.jpga0106683_11314513.jpg

ニラもみじん切りにし、生姜、ひき肉、酒、ごま油、塩コショウとよく混ぜ合わせます。

a0106683_11354589.jpga0106683_11355683.jpg

これで餃子の具は完成です、意外と簡単ですね。

そしてこの具を皮で包んでいきましょう (今回は時間の関係で市販の皮を使用)
傍らに水を入れたおわんなどを用意し、カレー用のスプーンの2/3程度の量の具を
皮に乗せ(皮のサイズにもよりますが)、皮の端に指で水をつけてから半分に折り曲げ、
片方の皮をヒダ状にしながら、弓なりになるように皮を閉じます。(言葉で説明が難しい・・・)

a0106683_1150887.jpga0106683_11501676.jpg
a0106683_1150244.jpga0106683_11503043.jpg

ふぅ、結局40個位つくって1時間かかってしまいました。 (*゚A゚)=3
さてさて、今度は焼いてみたいと思います。 フライパンを中火で暖めてから油を引き、
IHは円形に加熱されますので餃子をそれに沿って並べていきます。

そして焦げ目が付いてきましたら、ぬるま湯を丁度フライパンを覆う程度の量入れて
蓋をして蒸し焼きにします。 ※やけどにご注意ください。

水がなくなりましたら最後に強火で10秒ほど熱しましたら完成です!

a0106683_1233943.jpga0106683_1235853.jpg

~~~ スチームオーブンで蒸し餃子 ~~~

今回は餃子を作りすぎてしまいましたので、
GAGGENAU BS 250-410 を使って蒸し餃子にも挑戦したいと思います。

a0106683_1230713.jpga0106683_1230143.jpg

こちらのスチームオーブンでは、湿度100%、温度100度程度のいわゆる「蒸し料理」から
湿度100%、温度160度のような「蒸し焼き」にも対応いたしております。

早速それぞれの設定で蒸し餃子を作ってみたいと思います。

a0106683_1235567.jpga0106683_12351131.jpg
a0106683_12375179.jpga0106683_12375819.jpg

左の餃子は湿度100%、温度100度で15分蒸した餃子です。 皮も柔らかくモチモチです。
右の餃子が湿度100%、温度160度で10分蒸し焼きにした餃子です。 こちらは上の方の
皮がパリパリしていて、丁度揚げ餃子と普通の餃子の中間のような不思議な食感でした。
スチームオーブンならば簡単に蒸し餃子ができちゃいますね。

さてさて、今回の IH DE COOKING はいかがでしたでしょうか。
またリクエストがあれば、皮作りにも挑戦してみたいと思います!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-06-20 10:08 | 焼き料理

Vol.34 - クッキー ~6種類のクッキーに挑戦~

皆さんこんにちは~ IH DE COOKING! の時間です。

とうとう東海地方も梅雨入りしてしまいましたね~。
じめじめムシムシ。 この季節が一番憂鬱だとおっしゃられる方も多いかと思います。

が、人間も生き物である以上、やっぱり何にしても 「水」 は大切なものです。
煩わしく思うよりも、アリガタヤ~と思って梅雨を楽しむのが
この時期にストレスを溜めない日本的な過ごし方なのではないでしょうか。

でもよくよく考えると、うまいことバランス取れてると思いますよ。
梅雨の時期を含めて、一年中に降る雨の量で日本が丁度潤っているとすると、
この時期の悪天を一年に均等に振り分けるよりも、ある一定期間にまとめて降ってくれれば
今旅行はないな~とか、インドアの趣味を作るか~、とか色々計画も立てやすいってもんです。

南国のようにスコール(晴れているのに突然の雨)が日常化していると、
常に傘を持っていないといけなくなるので、それはそれで億劫ですしね。

などなど、

梅雨に対していろいろポジティブな言い訳を考えてみましたが
やっぱり太陽に顔を出して欲しいと思う今日この頃です・・・


はい! では本日も新しいメニューに挑戦する IH DE COOKING!
今回はふたたびガゲナウオーブンを使用してみたいと思います。

a0106683_954914.jpgジャン!

「クッキー」
でございます~!

なかなか面倒そうな料理が登場して
きましたね~ (;´∀`) しかし難しそうに
見えて(見せてる)、意外に簡単に
出来てしまうのが料理の妙です!

今回は失敗例を交えながらw
お手軽に、楽しみながら出来る
クッキーをご紹介いたします。

~~~ アイスボックスクッキー2種の材料(計約30枚分) ~~~

※ アイスボックスクッキーのレシピは↓のサイトを参考にさせていただきました。
http://www.katch.ne.jp/~takeda/cook/aisu-cook.htm
ありがとうございました。 m(_ _)m

・ バター(今は品薄ですT_T) 120g
・ グラニュー糖 60g
・ 卵 1個
・ 薄力粉 200g
・ ベーキングパウダー 小さじ1/2
・ バニラエッセンス 数滴
・ ココア 大さじ1

~~~ 4種のクッキーの材料(計約30枚分) ~~~

a0106683_933428.jpg・ バター 120g
・ グラニュー糖 60g
・ 卵 1個
・ 薄力粉 200g
・ ベーキングパウダー 小さじ1/2
・ バニラエッセンス 数滴
・ グリーンティー粉末 小さじ1
・ ココア 小さじ1
・ 紅茶葉 小さじ1

【 その他 】

・ ボール ・ 絞り器 ・ ラップ
・ 泡だて器 ・ ベーキングシート ・ 必要ならクッキー型

本日使用致します機器は、新型ビルトイン・オーブン
GAGGENAU BO 240/241-430 でございます。

~~~ アイスボックスクッキーのレシピ ~~~

あまり聞きなれないクッキーの名前かと思いますが、変わった模様のクッキーを
作る際に、生地を冷やして固めて作るのでこの名前が付いているようです。

ボールにバターを入れ、滑らかになるまで常温で溶かします。
滑らかになりましたらグラニュー糖を加え、よく混ぜ合わせます。
a0106683_9521934.jpga0106683_9522560.jpg

よく溶いた卵、バニラエッセンスを加えてよく混ぜ合わせ、さらに
ベーキングパウダーと薄力粉を降ったものを4~5回に分けて混ぜ合わせます。

a0106683_9593762.jpga0106683_9594381.jpg

はい! ここまではクッキーの共通手順です。 ここで焼いてもクッキーです。

アイスボックスクッキーの変わった模様を作るために、生地の半分にココアを加えます。
生地に弾力がでてきますので手でこねたほうが良いかもしれませんね。
よく混ぜ合わさりましたら、ラップに包んで平たくし、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

a0106683_10185027.jpga0106683_1018568.jpg

この材料で2種類のクッキーを作りたいと思いますので、それぞれを2分割します。
そしてそれをさらに2分割し、同じ太さ長さの4本の棒を作ります。

そしてドッキング!

ラップで包んで、四角になるようにギュッギュッと角を出していきます。
形が整いましたら冷凍庫へ10分ほど入れておきます。

a0106683_10241721.jpga0106683_10242454.jpg

もう半分の生地は、それぞれ薄く、四角くのばします。

重ねてローリング! 知立の大あんまき!

ラップに包んで、程よい長さ太さにしましたら、同じように冷凍庫へ10分。

a0106683_1030556.jpga0106683_1031227.jpg

アイスボックスクッキーは固めた生地を包丁で切ることでクッキーの形に
なりますので、特別な型が必要ないのでお手軽です。

オーブンの穴なしトレーにベーキングシートを引き、5mm間隔程度に切った
クッキーを並べます。 予想以上に面白いビジュアルになりました。

a0106683_10372571.jpga0106683_10373140.jpg

オーブンを160度で予熱しておき、15~20分焼き上げます。

a0106683_10404886.jpga0106683_10405729.jpg

はい完成です! お好みで砂糖をふったりしてください。

a0106683_10482762.jpga0106683_10483438.jpg

実は左側のクッキーは、何個か色ごとに分離してしまいました。 (´;д;`)
四本の棒を重ねたあとに、薄く周りを覆ったほうがきれいに出来そうですね。


~~~ 四色のクッキーのレシピ ~~~

以前作ったマドレーヌと同じように、クッキーにも色々味をつけてみたいと思います。
基本ベースはアイスボックスクッキーと同じですが、生地を混ぜ合わせた段階で
「バニラエッセンス多め」「ココア」「グリーンティー」「紅茶の葉」を混ぜた
それぞれの生地を作りました。

さっそく絞り器で形をつくってみましたが、なかなかいい感じですね~!

a0106683_10593522.jpga0106683_10594330.jpg

と、思ったら。

a0106683_1154627.jpga0106683_1155247.jpg

a0106683_116593.jpga0106683_1161567.jpg

焼いたら まっ平ら になってしまいました (┳Д┳)

実はこちらのクッキーはアイスボックスクッキーとは違うレシピを参考にしてまして
卵は2個、薄力粉は150gのような感じでしたので、少々やわらかめになってしまい、
焼いているうちに重力に負けてしまったという訳です。。。

今回は材料がなくなってしまったのでリベンジできませんでしたが、
おそらくアイスボックスクッキーと同じ分量ならば形が崩れにくくなるかと思います。

まだまだ先は長いぞ~!!


~~~ お知らせ~~~

Tekaの新型IHクッキングヒーター「IR635」が新入荷いたしました。
http://www.major.co.jp/teka/products/ih/it635/index.htm


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2008-06-05 08:49 | 菓子

< 記者近影 >
料理の超ビギナーが輸入家電機器を使った古今東西の料理に挑戦するブログです!
by ihcooking
以前の記事
2010年 05月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
カテゴリ
全体
煮物
炒め物
パスタ
グリル
焼き料理
揚げ物
オーブン
スチームオーブン
菓子
IHについて
実験・測定
ガスについて
低温調理
未分類
検索
フォロー中のブログ
kitchen jour...
メモ帳
最新のトラックバック
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
INDEX用エントリー
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
生チョコを作ってみました。
from サイノメ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧