<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Vol.8 - ガゲナウ バーベキューグリル ~家庭で本格グリル料理~

こんばんわ!フジハラのIH DE COOKINGでス!

先週末に、写真でも撮りにと県内の山までドライブに出かけたんですが、
いつもは行楽客をチラホラ見かけるその場所も、なんだかガラ~リとしていまして、
少し寂しいながらも自然を満喫するのにばっちりなロケーションでした。
気温も「肌寒い」と感じる程まで下がり、なおかつ紅葉にもまだ早い今、
人ごみを避ける目的の行楽者には文字通り「穴場」なんでしょうねぇ。

穴場といえば、毎年の10月10日は「体育の日」として知られていますが、
なぜこの日が体育の日かご存知ですか?

「体育の日」が制定されたのは1966年の10月10日。
遡ることその二年前、その日は日本で初めて開催された「東京オリンピック」
の開会式が開かれました。 それまで開催されたオリンピックに比べ、
異例に遅い開催(7月~9月の開催がほとんど)となったそうですが、
それは日本の夏の気候が、梅雨や台風などの影響で不安定になるため、
当時の日本の天気観測上「最も晴れる確率が高い日」が開催日に選ばれたそうです。

ただ、今は 「はっぴーまんでー(2000年~)」 の導入によって
体育の日が「10月の第二月曜日」になってしまい、本来の「運動に適した日」
の役割は果たさなくなってしまったようですね。f(´-`;) (ちなみに今年の体育の日は雨・・・)


はい! それでは本題に入りますが、

今日のIH DE COOKINGは、IH機器の料理は一旦お休みしまして、
当社取り扱い製品の 「GAGGENAU(ガゲナウ) バーベキューグリル VR230-412」 を
ご紹介したいと思います。 (上のイラストの頭の部分にかかっている製品です)


a0106683_15354690.jpg~~~ 家庭で本格グリル料理~~~

GAGGENAU社製 バーベキューグリル VR230-412 は
「鋳鉄製グリッド」を、下の「前後に独立したヒーター」で加熱する
グリル料理専用調理機器です。

ヒーターの下に敷き詰められた溶岩石が油を吸収、蒸発、濃縮
させますのでキッチンに臭いがこもることが少なく、加熱された
溶岩石の赤外線効果によって炭火焼きのようなグリルを簡単、
かつ本格的にお楽しみいただけます。

さて、「簡単に本格グリル料理」がうたい文句のこちらの製品、
料理の素人の私にもうまく焼けますでしょうか。
今回は、グリル料理に挑戦ス!


~~~材料~~~
a0106683_1550694.jpg
今回グリルしてみたいと思うのは以下の通り、

・ しいたけ
・ ピーマン
・ かぼちゃ
・ とうもろこし (下茹でしたもの)
・ 牛ステーキ
・ 豚肩ロース
・ 鳥手羽先
・ サンマ

~~~下準備・グリル~~~
a0106683_155694.jpg
バーベキューグリルを使用する際には、
あらかじめ鉄板を暖めておく必要がございます。

設定を9の位置にしまして約4分。

鉄板の温度が240℃付近まで上がってまいり
ますので、設定を7の位置(約240℃をキープ)
にしまして、表面に多めの油を引いてください。
a0106683_1611065.jpgまずは、野菜類、手羽先を焼いてみました。

当製品の最大の特徴としまして「焼き目」を
綺麗に付けられる、ということがございます。
焼き方のコツとしましてはこの焼き目の方向を
考えながら、焼く角度を調整することですね。

ヒーターが上下に独立していますので、
焼くものが少ないときは片方を切っておく
ことも可能です。
a0106683_16125487.jpga0106683_16131246.jpg
a0106683_16431015.jpga0106683_16432032.jpg

よしよし。 なんとかここまでは順調ですね。(;´∀`) 順調ですか?
次は豚肩ロースと、サンマを焼いてみたいと思います。
a0106683_1755643.jpga0106683_176750.jpg
a0106683_1762432.jpga0106683_1763665.jpg

ぬぬ、サンマを少々コガしてしまいました・・・。 (‐д-)
火力が強すぎたようですので、設定5~6程度でじっくり焼いた方が
よかったかもしれませんね。 要調整です。


~~~ホブ・ベンチレーター~~~

焼肉や焼き魚など、ご家庭で調理をされるときに気になるのがやっぱり「臭い」ですよね。
調理中だけ臭うならばまだ良いのですが、煙の臭いが部屋中に染み付いて2日も3日も
サンマの臭いがする、なんてことも良くあります。

キッチンでの調理の場合、おそらく近くにフードや換気扇があるので、ある程度は
煙を吸ってくれるとは思いますが、やはり漏れてしまう煙も少なからずあります。
特に今回の料理のように油を多く含んだ食材をグリルする場合は、
火力を調節してもかなりの煙が出てきますねぇ。

a0106683_17365968.jpg当社GAGGENAU製品には、そんな漏れ出てしまう
煙を少しでも減らすため、「機器の真横」に設置する
「下引き換気扇」がございます。

この製品、「ホブ・ベンチレーター VL041」 は
直接火の出るガスコンロ「以外」の製品に
設置できる製品で、上昇気流の発生しにくい
IH調理器やバーベキューグリルにとって
最も効率の良い吸引を実現しています。

今回のグリル料理の際に、どの程度煙を吸引するか
の実験を含め、稼動中のホブ・ベンチレーターを
ムービーに収めてみましたので、ぜひご覧ください。

>> バーベキューグリルとホブ・ベンチレーター


今回のIH DE COOKING、いかがでしたでしょうか?

今日は少し変わった製品に挑戦してみましたが、
これからもっともっと変わった製品に挑戦していきたいと思います! ヾ(`ロ´)ツ


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-10-24 14:29 | グリル

Vol.7 - ボンゴレロッソ ~魚介のダシを甘く見てはいけない~

こんにちは!最近カゼっぽいのでショック療法で夜にジョギングを始めたフジハラです。
一週間ぶりのIH DE COOKINGです。 はりきっていきましょう!

a0106683_1429021.jpg
本日は新しいジャンルを開拓ということで
IH DE パスタ に挑戦です!

ヂャン! 今回の料理はこちら→
『ボンゴレロッソ』 でございます。
(アサリとトマトソースのスパゲティー)


あ、アサリで思い出しましたが、

以前、長崎のとある島の旅館に友人と3人で訪れたときに、
海賊鍋(だったかな?)なる料理が出てまいりまして、
鍋の中には近海で取れた新鮮な魚介類が盛りだくさん!
若かった3人はもちろんそれだけでテンション上がりまくり。 (*゚∀゚)=3 ムッハー

そして、調理は目の前で淡々と進められ、
これからどうするのかな~? と3人で眺めていましたら、

いきなり 白ワインをドボドボドボ~~!!

はい召し上がれ!!(味付けはナッシング!)

オォォォ・・・。 (;゚ ロ゚ )

たじろぐ3人とは裏腹に、宿の方はそそくさと去っていきました。

特にオチのない話で申し訳ないのですが、その鍋がもう 『奇跡の味』 としか
表しようのないほど ウマァー!!(T ДT) でして、3人とも半泣き状態で食べた
記憶があります。 あの時ほど魚介類のダシを恐ろしいと思ったことはありませんねぇ・・・。


~~~ 材料 (4人分)~~~

a0106683_14414686.jpg・ スパゲッティ 300g
・ 塩 少々
・ 乾燥パセリ 少々
・ 粉チーズ お好みで

【 ソース 】
・ トマトソース(味付けなし) 400g
・ アサリ(砂だし済み) 200g
・ ひき肉(あいびき) 200g
・ シーチキン 2缶
・ 赤ワイン 80cc
・ ニンニク(乾燥を使用しました) 6スライス 
・ バター 大さじ2
・ コンソメ(固形) 2個
・ 塩コショウ 適量

今回使用したIH機器はVI230-113、ソースを作る用のLE CREUSET
パスタを茹でるためのパスタ鍋(4リットル)を使用しました。
a0106683_1447386.jpga0106683_14474945.jpg


~~~ パスタソースの作り方~~~

※今回はデータを取るため2回に分けて作っております。
a0106683_1533148.jpg
1.鍋を中火(設定6)で加熱し、油を捨てず
シーチキンを入れて色が変わるまで炒めます。

2.中火のまま、アサリを除く 【 ソース 】 の
材料を入れ、全て混ぜ合わさりましたら、
アサリを加えます。

3.8割程のアサリの口が開きましたら弱火
(設定3)にし、さらに20分ほど煮詰めて
水分を飛ばします。
a0106683_1535140.jpga0106683_154367.jpg


~~~ パスタを茹でてソースをからめる~~~
a0106683_811128.jpg
1.鍋にたっぷりの水(2000cc)を入れ、
塩を少々加えて沸騰させます。

2.沸騰してきましたらパスタを加え、
パスタの 『推奨ゆで時間』 から1分引いた
時間だけ茹でます。

3.パスタが茹で上がりましたら
ソースの入った鍋に移し、ソースの
加熱を止め、軽く混ぜ合わせます。
a0106683_814966.jpga0106683_821030.jpg
a0106683_822719.jpg
はい! 皿に移して完成です!

お好みでパセリと粉チーズを振って
お召し上がりください。

う~ん。アサリのダシが効いてますね~!

メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-10-16 13:30 | パスタ

Vol.6 - ドライカレー ~本日のショールームはカレーの香り~

こんにちは IH DE COOKING のお時間となりました!
食欲の秋、運動の秋、読書の秋で大忙しのフジハラです!(比率は8:1:1)

最近は本当に冷え込みが深まってきましたねぇ。
実家の愛犬(ラブラドールレトリバー)も冬毛に生え変わってきました。 (・ω・´U)

a0106683_13354878.jpg
さて! 本日は、前回に引き続き
『IHを使用した料理』第三弾!

体の芯から温まる、
ドライカレーをお送りいたします。


で、何で突然ドライカレーですかって?

それは私が、カレーが好きだからです。

ちなみどれくらい好きかと言うと、 昨日の夕食のカレーライスを食べている最中に、
そうだ!明日はドライカレーにしよう!と思い立つくらいカレーが好きです。
今日の夕食も 『コクが増した2日目のカレー』 です。

え~、ドライカレーについてのマメ知識ですが、

『日本でのドライカレーの発祥は、明治末期から大正初期にかけて日本郵船の客船である
「三島丸」の食堂で出されたのが最初だといわれている。その当時のメニューには
「ドライ・カリー」と記されていた。』 wiki転載 とのこと

カレーの本場インドでも日本のドライカレーの様な調理法もあるそうですが、
日本と同様にスタンダードなカレーの調理法ではなく、主に肉を使用するため
休日や祭日に食べられる料理だそうです。 日本では、ライスにミートソース状の
カレールーを乗せて食べる場合と、ピラフのようにルーとライスを混ぜ炒めたものが
ありますが、どちらも正当な 『ドライカレー』 で正しいそうです。

ちなみに大阪 『海遊館』 に隣接しているレストラン 『自由軒』 さんで、
『明治のドライカレー(ドライカレーに生卵が乗せてある)』 を食べることが出来ます。


~~~ 材料 (4人分)~~~

a0106683_141678.jpg・ ご飯 2合
・ ミンチ(合いびき肉) 300g
・ タマネギ 1個
・ ニンジン 1本
・ カレー粉 大さじ3
・ 小麦粉 大さじ1
・ 塩こしょう 適量
・ ケチャップ 大さじ2
・ ソース 大さじ2
・ コンソメ(固形) 1個
・ 水 カップ1
・ 乾燥パセリ

今回使用したIH機器はVI230-113、鍋はご飯を炊く用のLE CREUSET
IH対応のフライパンと、コンソメスープを作る用の小ナベ(共にメーカー不詳)でございます。
a0106683_14231537.jpga0106683_14233018.jpg


前回のチャーハンの際にお伝えし忘れておりましたが、今回フライパンを変更したのは
Silarganのフライパンが激重!(げきおも)だったからです (; ̄ω ̄)ゞ

Silarganも板に厚みがあり、煮物・焼き物料理には非常に優れた商品ではございますが
煽り炒めを前提とした料理の場合は、できるだけ軽いフライパンをお選びいただいたほうが
よろしいかと思います。 (今回のフライパン:750g、Silarganのフライパン:2kg)
チャーハンを皿に移す時に一回キャンセルしたのは内緒です・・・。

そして右の奇妙な写真は小ナベですが、『IHに試用できるナベの見分け方』 として
磁石にくっつくか で判断することも可能です。


~~~ IHでお米を炊いてみよう その2~~~

a0106683_14385836.jpg今回も 『ごはん物』 の料理でしたので、
再度お米炊きに挑戦してみました。

前回は少々芯の残る出来となってしまいましたので、微調整をしまして、水を440cc、沸騰後の中火を 『設定5』 で17分間の加熱をしたところ 『ちょうどよ~い加減』 のご飯が出来上がりました。 料理によってご飯の硬さも変えなければならないかと思いますので、この設定をベースに調整をしていきたいと思います。(ナベによっても違ってくるかもしれませんね)


~~~ ドライカレーの作り方~~~

1.ご飯を炊いている隙に、材料の「タマネギ」「ニンジン」を『みじん切り』にしておきます。

2.水(カップ1)を沸騰させ、コンソメの素を溶かしておきます。
a0106683_1544152.jpga0106683_1545259.jpg


3.フライパンに油をひかずに強火(9の設定)でひき肉を炒めます。
(ひき肉から大量の水が出てくるため不要)

a0106683_1562225.jpg4.ひき肉の色が変わってきましたら、
「タマネギ」「ニンジン」を入れます。

5.タマネギがキツネ色になりましたら
「塩コショウ」を少々、「カレー粉」「小麦粉」
を加えて混ぜ合わせます。

6.全体がまんべんなく混ぜ合わさりましたら、「コンソメスープ」「ケチャップ」「ソース」を入れて混ぜ合わせます。 途中で味見をして、薄いようでしたら塩コショウを加えてください。

7.ルーの水分を飛ばすため、強火のまま15分ほど、頻繁に混ぜながら加熱してください。
液状の水分がなくなったらドライカレーの完成です!(汁気があった方が良いかたは5~10分の加熱でも全然OKだと思います。 ※下の写真は加熱10分経過時)
a0106683_1511529.jpga0106683_15155863.jpg


今日初めての発見ですが、ドライカレーパセリが、
香り的にも色合い的にも本当に良くマッチします。 是非お試しください。

じゃあの。


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-10-10 13:08 | 煮物

Vol.5 - 炒飯 ~IHで煽り炒めはできるのか~

こんにちは!皆様いかがお過ごしでしょうか、フジハラです!
今日は久しぶりに太陽が顔を出しているので元気です!洗濯物がよく乾く!!

a0106683_1433582.jpgさて!今回のIH DE COOKING
『IHを使用した料理』第二弾!

『炒飯(チャーハン)』をお送りします。


え~。 余談ではございますが、
IHについて調べようと、ネットで色々なコミュニティーや掲示板を覗いていますと、

『ガス VS IH !!』

のような論争をよく見かけます。

『ガスは手入れが大変だ!』  『IHは停電になったら料理も出来ない!』
『ガスは火力が強いので料理がおいしくできる!』  『IHは直接火を使わないので安全だ!』

などなど、挙げだしていったらきりがありません。

私が直接その論争に加わろうとは思いませんが、私どもの会社ではガス調理器もIH調理器も
取り扱いをいたしております関係上、両製品にはそれぞれ良い所、悪い所があるということを
具体的に実感しております。 結局最終的な判断はお客様にお任せをするしか
ございませんが、私どもがただ一つ望むのは、
両方の製品をご理解いいただいた上で、ご判断いただきたい』ということです。

しかしながら、お客様にわざわざ私共のショールームまで足を運んで
いただかなければならない、ということもあり、なかなか難しいことではございます。
家電品店でも店員の方に 『IHはいいですよ~!なにしろ手入れが楽でございます!』
てなことを言われてもなかなか実感がわきませんよねぇ・・・。

その不安は私共の悩みでもございます。

そんな中、ほんの微力ではございますが、当ブログにて、まだまだ歴史の浅い
『IHクッキングヒーター』という製品を少しでも知っていただければ幸いに思います。


はい!! かたい話は、部屋の隅っこの方に置いときまして!

炒飯の作り方に進んでいきたいと思います!

なぜ今回は炒飯をセレクトしたのかといいますと、『IHは煽り炒めができない!』
というご意見が多く、私自身も本当にできないのかな?という疑問もございましたので、
実際にやってみようじゃないか!ということで炒飯です。

~~~ 材料 (4人分)~~~
a0106683_15352235.jpg
・ ご飯 2合
・ チャーシュー 200g
・ ネギ 1本
・ 紅しょうが 少々
・ 卵 2個
・ 塩こしょう 少々
・ 酒 大さじ2
・ しょうゆ 大さじ1
・ ごま油 小さじ2
・ サラダ油 大さじ2

今回使用したIH機器はVI230-113、鍋はLE CREUSET(フランス製鋳鉄製ナベ)、
フライパンはSilargan(ドイツ製フライパン)でございます。
a0106683_15492635.jpga0106683_15511379.jpg


~~~ IHでお米を炊いてみよう~~~

今回は炒飯ということですが、ご飯を 冷ご飯 で済ましてしまうと、あっ!という間に
終わってしまいますので (;;´∀`;) IHを使ってお米を炊いてみたいと思います。

まずは例によってお米を研ぎます。 ここで今回も『よけいなお世話なマメ知識』ですが、

なぜお米は『洗う』ではなく『研ぐ』というかご存知ですか?
そんなの読んで字のごとくじゃねーか!と思われる方が大多数だと思いますが、
恐怖!新米主婦は米を洗剤で洗っていた!』なんていうニュースも耳に入ってくるので
『洗う』を実践されている方も少なからずいるんですねぇ? (ノ;´Д`)ノ

お米は『研ぐ』という以上、軽くよごれを落とすのではなく、『けずる!』のです
昔は精米技術が洗練されておりませんでしたので、お米にはヌカがこびりついていて、
『力を入れて』お米とお米を磨き合わせるように汚れを削り落としていたのです。
もっとも最近のお米は、初めからそこまでヌカも付いていないようですので、
適度な力で3~4回研ぐだけで良いようですね。

そして洗い終わったお米を1時間ほど水(2合に対し430cc)につけておきます。
こうすることで、炊き上がったときに芯が残らずおいしく出来上がるそうです。
a0106683_1611079.jpga0106683_16112732.jpg

沸騰するまで強火(9の位置)で加熱し、沸騰しだしたら中火(4の位置)で15分間、
その後、水分を飛ばすため強火で10秒ほど加熱し、火を止め15分ほど蒸らします。
a0106683_16201334.jpga0106683_16235243.jpg

はい!完成! レシピはガス調理のものを参考にしましたが、
わずかながら芯が残っているような気がしました(炒飯には丁度良いです)。要調整ですね。
ちなみにオコゲは出来ませんでした。(〃´o`)

~~~炒飯の作り方~~~

a0106683_16375478.jpg1.材料の準備
ネギを薄く輪切りにします(太い場合は縦に2分割してください)。 チャーシューは5mmの角切りにします。 調味料(酒、しょうゆ、ごま油、塩コショウ)を混ぜ合わせておきます。

次にいり卵を作ります。 フライパンにサラダ油を引き、溶いた卵を入れ、菜箸等でかき混ぜながら加熱してください。 卵がぽろぽろになり始めましたら火を止め、固くなりすぎない内にボール等に移します。 これで材料の準備は完了です。

2.材料を炒める
ここまで来ましたら、あとは全てを炒めるだけですが、
写真だけでは伝わりにくいと思いますので、
初挑戦!動画でお送りしたい思います!
しかも意味もなくYouTube。

>> 炒飯を炒める私はこちら

a0106683_16523784.jpgそして完成品は→となっております!!

肝心の煽り炒めのレポートですが、IHの欠点とされている『煽り炒め』。 それはナベをコンロから離してしまった瞬間にスイッチが切れてしまうから、という意見が多くありました。 たしかにGAGGENAUのIH調理器でもナベが離れた瞬間には安全装置が働き、スイッチを切ってしまいますが、またナベを乗せると、約2秒ほどで再びスイッチが入り、瞬間に高温に戻ります。
私も『煽りたがり症候群』ですので、ガスでの調理の時も過剰に煽ってきましたが
IHでの場合でも『加熱具合はまったく違いはない』というのが正直な感想です。

ただ、まだまだ炒飯しか例はありませんので絶対にそうだ!ということではありません。
さらに色々な炒め料理に挑戦していきまっす! がんばりまっす!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントもご自由に書き込み可能ですので、ご意見の方もお待ちしております
[PR]
by ihcooking | 2007-10-02 14:33 | 炒め物

Vol.4 - 正直IHって何? ~ナベを加熱する調理器~

ども!フジハラです!IH DE COOKINGです!

最近は秋雨前線も南下してきてパッとしない天気が続きますね~。
先日まで汗をかくほど暑かったのに、今日はもう半そでではいられないほどの冷え込み・・・。
私が一番好きな季節も、今年は特に短そうですね。 (* ゚ー゚)ゝ
皆様も季節の変わり目に風邪などひかれないようお気をつけてください。

さて!! 今回のIH DE COOKINGは、またまたお料理とは少し離れまして、
皆さんと電気のしくみIHのしくみについて簡単に勉強をしていきたいと思います。
(勉強といっても難しく考えないでくださいね。)


~~~ IHって何者?~~~


『IH調理器』という製品が日本で注目を浴び始めて約10年が経ちました。


ですが、まだまだ

正直IHって何者?


というご意見も、多く寄せられております。

確かにそうですよね。 今まではコンロといえばガスコンロ。
直接目に見える でナベを加熱しておりましたので、誰から見ても
お湯が沸騰することに納得がいきます。 しかし、新しく出てきたこの機械は

音も出なけりゃ熱も出ない!

なんだこりゃ?? こんなもので本当に加熱ができるの? ( ̄ー ̄;)??

と思われるのは当然なことですし、
仕組みの判らぬままお使いになるのはやっぱり不安なことだと思います。

ですがIH加熱の仕組みを知ってしまえば、そんな不安も少しは和らぐかもしれません。


~~~ ガスとIHの加熱方法の違い~~~


ガスの燃焼による加熱に比べて、IHによる加熱は、

『ナベ自体をあたためる』

ということが一番の違いです。


言葉で聞くだけでは仕組みがさっ!ぱりわかりませんが、自分自身にもわかり易い様、
イラストにしてみましたので、ちょっとだけ ↓ を見てみて下さい。

a0106683_15332636.gifここで 一つだけ 電気の仕組みを覚えていただきたいと思います。 この図は 『電線』 のイラストです。 右から左に向かって電気が流れていますが、その周りに矢印ができていますね? この矢印の流れを 『磁力』 といいます。 電線に電気を流しますと、この矢印の向きに『』が発生します。 不思議ですね~。

何でこの方向に!何でこんな力が働くのか!を説明していますと日が暮れちゃいますので
省略させていただきますが、いわゆる決まり事ですので、 『ほ~自然って不思議!(;゚ ロ゚ ) 』
程度に覚えておいて下さい。

そしてIH調理器は、目に見えないこの『磁力』 を利用して加熱を行う調理器なんです。


a0106683_16405533.gif~~~IHの加熱の仕組み~~~


右の図は、IH調理器を分解して、丁度ナベの下に来る部分だけを取り出したイラストですが、先ほどの図で説明をしました『電線』を渦巻き状にしたようなもの(磁力発生コイル)がIH調理器には入っています。(実際はもっと巻き数は多いですが)

これは電線一本での磁力は非常に力が弱く、
磁力を束にして強い力を生み出すためなんです。

a0106683_17184839.gifそしてこの図が、実際にナベを加熱しているときの磁力の流れです。 磁力発生コイルから磁力が発生し、ナベの底を通過するような構造になっていますが、そこがIH調理器の加熱マジックのタネ。

鉄やステンレスなど電気を通す材質に磁力を重ね合わせますと、その材質に電流が流れるという『電磁誘導』という現象が発生します。
そして、電気を通す材質に電気が流れる時には、電気素材の抵抗がぶつかって、
』が発生します。

IH調理器はこの熱を利用して『ナベ自体』を温めていたんですね~!
アルミのナベや土鍋がIHに向かないのは、逆にそれらの材質が
電気を通しにくい材質だったからなんですね~。


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントもご自由に書き込み可能ですので、ご意見の方もお待ちしております
[PR]
by ihcooking | 2007-10-01 17:37 | IHについて

< 記者近影 >
料理の超ビギナーが輸入家電機器を使った古今東西の料理に挑戦するブログです!
by ihcooking
以前の記事
2010年 05月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
カテゴリ
全体
煮物
炒め物
パスタ
グリル
焼き料理
揚げ物
オーブン
スチームオーブン
菓子
IHについて
実験・測定
ガスについて
低温調理
未分類
検索
フォロー中のブログ
kitchen jour...
メモ帳
最新のトラックバック
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
INDEX用エントリー
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
生チョコを作ってみました。
from サイノメ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧