<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Vol.17 - ローストポーク ~ガゲナウ オーブン・ミートセンサー~

こんにちは! 今年ラストのIH DE COOKING です!! (*゚∀゚)=3

本年の業務も、残すところあとわずか一週間となってしまいました。
一年とはなんとも早いものですね・・・。

当社関係者の皆様、並びにこのブログを楽しみ?に見て頂いている方々、
今年は本当にお世話になりました。 来年も何卒宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m

さてさて、冒頭にラスト!と書かせていただいた以上
締めくくりにふさわしい料理に挑戦する、というのが筋というものですね。

ふ~む。 ふむふむ。 いろいろ頭をよぎりますが、
やはり機器の性能を最大限に活かせる料理でいきましょうかね!

a0106683_1644432.jpg
ということで!
今年最後の料理は!

『ローストポーク』
&3種のキノコのマスタード炒め

でございます!


先日よりご紹介をさせて
いただいております GAGGENAU
(ガゲナウ)ビルトインオーブン
には、
グリルしたい料理の内部温度を計測する 『ミートセンサー』 という
GAGGENAU社独自の機能が搭載されております。

外側からは判断しにくい内側の焼け具合を、目に見える形にすることで、
プロの料理人でなくとも簡単に料理の完成イメージを思い浮かべることが可能です。


~~~ 材料~~~

a0106683_1682821.jpg・ 豚肉肩ロースブロック 350g
・ オリーブオイル 大さじ1
・ おろしにんにく 小さじ1
・ あらびきコショウ 適量
・ ハーブソルト 適量
・ 乾燥ローズマリー 適量

【 キノコのマスタード炒め 】
・ しめじ 100g
・ まいたけ 100g
・ えのき 100g
・ バター 小さじ1
・ オリーブオイル 小さじ1
・ 塩コショウ 適量
・ マスタード 大さじ1
・ 白ワイン 大さじ1

今回使用いたしましたIH機器はGAGGENAU VI230-113
焼く際にはGAGGENAU EB241-400を使用しました。
※現在はドアフレームがシルバーのEB241-430を販売いたしております。

a0106683_16125189.jpga0106683_16131960.jpg

~~~ ポークに下味をつける~~~

さてさて、まずはこのブロック肉に下味をつけます。
オリーブオイル、おろしにんにく、あらびきコショウ、とハーブソルト(the万能調味料!)を
もみ込むようによくなじませ、最後に乾燥ローズマリーを多めにふります。

a0106683_1634386.jpga0106683_16344691.jpg

そしてラップをかけて、冷蔵庫で一晩寝かせます。 (-ρ-)........zzz
※最低2~3時間は寝かせてください。


~~~ オーブンで焼く・ミートセンサー~~~

オーブンに「ワイヤーラック(上から二段目)」と油受けのための
「クッキングトレー(上から四段目)」を差し込み、180℃で予熱をしておきます。

予熱が終わりましたらワイヤーラックに油を塗り、
寝かせておいたブロック肉をワイヤーラックの中央に乗せます。

a0106683_16475352.jpga0106683_1648333.jpg

ここでミートセンサーの登場です。 ブロック肉の一番厚みがある部分の中心に
センサー部を差し込み、反対側をオーブン個内の左上にあるソケットに差し込んでください。

a0106683_1655398.jpga0106683_16551056.jpg
a0106683_16552946.jpga0106683_16553857.jpg

温度設定は180℃のまま、+-ボタンでミートセンサーの目標温度を設定します。
オーブンのマニュアルには 「70℃:レア」 「75℃:ミディアム」 「80℃:ウェルダン」
とありましたので、今回は75℃に設定してみました。

a0106683_16595671.jpga0106683_170462.jpg

ドアを閉め、ブロック肉の中心が目標温度になるまで焼きます。


~~~ キノコ炒めをつくる~~~

ブロック肉を焼いている間に、キノコソテーをつくってしまいましょう。
それぞれのキノコをバラバラに手で裂き、バター、オリーブオイルをひいた
フライパンでしんなりするまで炒めます。 しんなりしてきましたら
マスタード、白ワイン、塩コショウを加えて、水分を飛ばすように強火で炒めます。

a0106683_1775618.jpga0106683_178624.jpg


~~~皿に盛り付けて完成~~~

センサーの目標温度になりますと、オーブンがシグナルとビープ音で知らせてくれます。
さてさて、焼き具合はどんなもんでしょうか?

a0106683_17133675.jpga0106683_17134492.jpg

おぉ~! なかなか良さそうな焼け具合です! (*゚∀゚)=3
先ほどつくりましたキノコソテーと一緒に皿に盛り付けて完成です!

a0106683_1729337.jpg
少々レアな出来になりましたね、
設定温度は80℃位が丁度良かった
かもしれません。

兎にも角にも、初めてのローストポークでしたが
何とか失敗せずに美味しくできました。

このミートセンサーはなかなかの
優れものの様ですね。。 (; ̄ω ̄)ゞタスカッタ

さてさて、今回のIH DE COOKING はいかがでしたでしょうか。
ますます挑戦したい料理が出てきて来年も大変そうだ~!!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-12-26 15:00 | オーブン

Vol.16 - イカと里芋の煮物 ~田舎の味は土いじりの味~

どっせい!! 今日もがんばっていきますよ~! IH DE COOKING です。

最近はこの寒さに加えて朝の太陽も弱々しく、起きるのにも気合がいりますねぇ。
目覚まし時計も知らない間にOFFになって後で青ざめることになったりしますが、
皆様は朝スッキリ起きられていますでしょうか?

ちと調べてみましたら、どうやらストレスなく目覚めるためには、快適な温度と適度な日の光、
レム睡眠・ノンレム睡眠の周期が大きく関係しているようです。

つまり、毎朝7時に起きる場合は、レム睡眠・ノンレム睡眠の周期=1.5時間周期から、
11時半か1時に寝て、5時半に一度目覚め、光の入るカーテンを全開にし、
7時には快適な温度(約15度)になっているように暖房をセットする、
というのが一番目覚めが良い、ということでしょうか。

まぁ、何にしても 「夜更かしをしない」 というのが一番の
方法なのは言うまでもないでしょうけどね f(´-`;)

さてさて、本日の IH DE COOKING は、
お客様から沢山の里芋 (しかも土がついたままの新鮮な里芋!)を
いただきまして、折角なら!と里芋を使った料理に挑戦してみたいと思います。

a0106683_14171178.jpg本日の料理は、
『イカと里芋の煮物』
でございます。


里芋の煮物といいますと、
「田舎の味」「おふくろの味」をイメージ
するのは何故なんでしょうかね?

ほんのり香る土のにおい
ノスタルジアを覚えさせるんでしょうか。

ちなみに里芋のルーツは、アジア熱帯地方からで主食として食べられていたタロイモが、
縄文時代の日本に伝わり、山地に自生していたヤマイモに対し、
里で栽培されることからサトイモという名が付いた、ということです。


~~~ 材料(4人分)~~~
a0106683_1432121.jpg
・ 里芋 500g
・ イカ 1ぱい
・ しょうが 1かけら
・ しょうゆ 大さじ5
・ 砂糖 大さじ2
・ 酒 大さじ2
・ みりん 大さじ2
今回使用いたしましたIH機器は
GAGGENAU VI230-113、でございます。


~~~ 里芋のぬめりを取る~~~

里芋はぬめりがかなり強いので、まずはぬめりを取るために下処理をします。

1.皮のついたまま土を洗い落とします。
2.皮をむいて、水につけておきます。
3.沸騰したお湯で3分ほど茹で、さらに水で洗い落とします。

a0106683_14495820.jpga0106683_1450731.jpg

~~~ イカに下味をつける~~~

1.イカを胴体と足に分け、胴体は1cm間隔に、足は10cm程度の長さで切りそろえます。
2.小ナベにしょうゆ、砂糖、酒、みりん、水1/3カップを入れて沸騰させます。
3.イカとしょうがを入れて、かき混ぜながら強火で3分ほど煮ます。

a0106683_14585534.jpga0106683_1459419.jpg

~~~ 煮る~~~

1.中ナベを用意し、里芋を並べます。
2.小ナベの中からイカだけを出し、調味料としょうがを中ナベに入れます。
3.里芋の8割くらいがつかる位まで水を加え、中火で加熱します。
4.落し蓋をして30~40分煮込みます。(見た目重視の場合は20分程度が良いかも)
5.だし汁を味見し味を調えたら、ふたたびイカを加え、3分ほど煮込んでください。

a0106683_1564195.jpga0106683_1565378.jpg
a0106683_15154638.jpg
はい!
皿に移して完成です。


里芋のぬめりに含まれるムチンとガラクタン
には消化促進、免疫力向上作用があり、
イカに含まれるタウリンには胆汁酸の分泌が
増える効果がありますので、血液中の
コレステロール値も下げてくれます。

食べ物が作用する効果を調べていると、昔ながらの日本の料理には
総じて体に良いものが多いのだなと本当に感心させられます。 長寿大国ここにあり!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-12-21 14:05 | 煮物

Vol.15 - マドレーヌ ~オーブンを使って簡単スイーツに挑戦~

皆様いかがお過ごしでしょうか! IH DE COOKING です!
いよいよ年末が近づいてきましたね~! 当社も段々とあわただしくなってまいりました。
誰が言い始めたかわかりませんが、「師走」とはよく言ったものです。

「普段教える側である師も、自ら仕事に回らないといけなくなるほど忙しい」

今年やり残した仕事を片付けなければならない上に、年末年始の恒例行事も盛りだくさん!
これはただの多忙ではなくて、年越しへの期待を含めたラストスパートの心境ですね ( ゚‥゚)=3


さてさて!本日のIH DE COOKINGは、少々趣向を変えまして、

『GAGGENAUオーブンで作るスウィ~ツ!』 に挑戦してみたいと思います。

一言にスウィーツといいましても星の数ほどありそうですが、
今回は非常にベーシックで、皆様にもお馴染みの洋菓子
a0106683_1849479.jpg
『マドレーヌ』
を作ってみたいと思います。

※少々不恰好なのはご勘弁を (*´д`*)


え~。 このマドレーヌというお菓子は
誕生秘話がありまして、

「1755年、元ポーランド王のロレーヌ公
スタニスラスがお抱えのパティシエと
喧嘩をし、たまたまその場に居合わせた
少女「マドレーヌ・ポルミエ」がマドレーヌの原型になるお菓子を作ったところ、
スタニスラスが大変気に入った、という説があるが詳細ははっきりしていない・・。」 だそうです。

何にしても、自分の名前が付いたお菓子が後世に残るのは名誉なことですな。


~~~ 材料(ミニサイズ20個分)~~~

a0106683_1759826.jpg・ バター 200g
・ グラニュー糖 150g
・ 卵 4個
・ 薄力粉 250g
・ ベーキングパウダー 小さじ1
・ バニラエッセンス 2振り

【 トッピング 】
・ インスタントコーヒー
・ 紅茶の葉 & レモン汁
・ 抹茶
・ チョコチップ

今回使用いたしましたIH機器はGAGGENAU VI230-113
焼く際にはGAGGENAU EB241-400を使用しました。
※現在はドアフレームがシルバーのEB241-430を販売いたしております。
a0106683_1821713.jpga0106683_1823344.jpg

~~~ 焦がしバターを作る~~~

まずはマドレーヌの 「核」 となる、焦がしバターを作ります。

1. 小鍋で分量分のバターを溶かします。
2. 火を中火にし、根気よくかき混ぜながら沸騰させます。
3. 5分ほどたちますと沸騰の泡が細かくなり、香ばしい匂いがしてきます。
4. 段々と茶色がかってきますので、キツネ色になりましたらすばやく火を止めます。
a0106683_181366.jpga0106683_18131788.jpg
もうすでに香りがマドレーヌです (;゚∀゚)=3

~~~ 生地をつくる~~~

1. 卵、グラニュー糖を大き目のボールに入れ、泡だて器でよくかき混ぜます。
2. そこに先ほどの焦がしバター、薄力粉、ベーキングパウダー、バニラエッセンス
   を加え、ダマがなくなるまでよくかき混ぜます。 (トッピングについてはここで一緒に
   入れるのがベストだと思いますが、今回は後から加えています)
a0106683_1819249.jpga0106683_18193273.jpg
3. よく混ぜ合わせましたら、生地を寝かせる(各材料を均等になじませる、
   粘着性と弾力性を持たせる)ため、冷蔵庫で最低でも2時間置くと出来上がりが
   良くなるそうです。(今回は2時間寝かせました)

~~~ 型に移して焼く!~~~

生地を寝かせ終えましたら、マドレーヌの型(ホタテ型がよりマドレーヌっぽい)
に入れて焼きますが、今回は一工夫しまして「スタンダード」「チョコチップ入り」
「抹茶味」「コーヒー味」「レモンティー味」を試してみたいと思います。
a0106683_18305650.jpga0106683_1831572.jpg
おぉ、絵の具のパレットみたいだ 〔;・Д・〕

生地をボールに分け(約160g)小さじ一杯ずつのトッピングを混ぜ合わせ、
およそ3倍位に膨らむことを想定して、型に入れていきます。 (写真はやや入れすぎ・・・)

そしてオーブンの180℃で15分程焼くわけですが、今回は検証のため
「下加熱+温風加熱」と、「上下加熱」の二回に分けて焼いてみました。
a0106683_18414867.jpga0106683_1842014.jpg
左が「下加熱+温風加熱」で、右が「上下加熱」です。

a0106683_18471640.jpg中身はどちらもしっかりと焼けていましたので、グラタンの時と同様に、表面に焼き色をつけたいときには「下加熱+温風加熱」モードで焼いていたいただいた方がよろしいかと思います。


さてさて、今回のIH DE COOKING
いかがでしたでしょうか!

初めて本格的にお菓子などを作って
みましたが、けっこう重労働ですねぇ ε('∞'*)

さらなるターゲットに向けて筋トレがんばります!!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-12-14 17:15 | 菓子

Vol.14 - 大根と豚の角煮 ~煮込めば煮込むほどに~

IH DE COOKING!! 今週もがんばっていきますよ~!
フジハラです。 どうぞよろしく。

ふむふむ。 年末も近づき、今年の流行語大賞が決まったようですね。

【 大 賞 】 どげんかせんといかん ハニカミ王子
【 トップテン 】 消えた年金 そんなの関係ねぇ どんだけぇ~ 鈍感力
           食品偽装 ネットカフェ難民 大食い 猛暑日

なんだか流行とは違うベクトルのフレーズも混ざってる!!
というツッコミをするのも毎年の風物詩となってきていますが、
この 「流行語」 というものも面白いもんですねぇ。

いくら新しい言葉を作った本人が事あるごとに口に出しても
どうしても「流行るもの」、と「流行らないもの」の差が出てきます。

もちろん言っている人のキャラクターも大きいと思いますが、
流行語に一番重要なのは聞き手側の 「うわ~、それめっちゃ使いたいわ~!」 ですよね。

綿密な計画を立てた上に生まれた言葉も中にはあるかと思いますが、
聞き手側のフィーリングとぴったりとマッチした、いわゆる言霊的な偶然があって
初めて流行語として成立するんですよね。 ファッションしかり、デザインしかり。
僕も流行の先が見える人間になりたいものです。 (-ι_- )


さてさて、今回のIH DE COOKING は、
何回か洋食が続きましたので、和食をば・・・

a0106683_14265716.jpg
はい! 今回は、
『大根と豚の角煮』
でございます。


日本に煮込み料理は数あれど、
この料理ほど「煮込めば煮込むほど」
おいしくなる料理もないんじゃないでしょうか。

ここでとろ火が大得意
IHクッキングヒーターの出番ですな!


ちなみに豚の角煮についてのマメ知識ですが、
さきほど「日本の煮込み料理」と申しましたが、「豚の角煮」のルーツは
中国杭州の 「東坡肉(トンポーロー)」 が、沖縄に伝わり 「ラフテー」 となり、
さらに長崎に伝わって 「東坡煮(とうばに)」 となり、いわゆる「豚の角煮」となって
日本全国に伝わったそうです。 ←wiki参照

調理法も本場中国では「揚げてから蒸す」が一般的のようですが、
東坡煮では「焼いてから煮る」に変化していますね。


a0106683_14555152.jpg~~~ 材料(4人前)~~~

・ 豚バラ肉 400g
・ 大根 1/2本
・ 水 500cc
・ 酒 大さじ2
・ しょうゆ 大さじ4
・ みりん 大さじ2
・ さとう(黒砂糖がベスト) 大さじ4
・ ごま油 大さじ3
・ 薬味ネギ 少々

今回使用いたしましたIH機器はGAGGENAU VI230-113
煮物用の鍋としましてBrico社の鋳物鍋を使用しました。

a0106683_1458379.jpga0106683_14583763.jpg

~~~ 作り方~~~

1.豚バラ肉を1.5cm間隔程度に切り揃えます。
2.大根を同じ大きさになるように乱切りにします。

a0106683_1582093.jpga0106683_1582738.jpg

3.鍋にごま油を引き、豚バラ肉の両面にコゲ目が付くまで炒めます。
4.大根を入れて、肉が崩れないようにゆっくりとかき混ぜながら炒めます。

a0106683_15132370.jpga0106683_15133262.jpg

5.水を加え、沸騰するまで強火で加熱し、沸騰したらあくを取ります。
6.中火に(設定5)落とし。 酒、みりん、さとうを加え、10分程煮込みます。
7.しょうゆを加えたらアルミホイル等で落し蓋をします。

a0106683_15212141.jpga0106683_15212950.jpg

はい! 味付け等はここで完了です!
あとは時間をかけてじっくりコトコト煮込んでいくわけですが、
時間の目安としましては、最低でも30分。 長くて3時間ほど。
さらに時間がある場合は、火を止めて1日置くと味がよくしみ込みます。
a0106683_15315459.jpg

鉢に移し、香りと色取りを加えるために
薬味ネギを少し加えて完成です!

ちなみに今回は2時間ほど
煮込みましたが、なんとか大根も
中まで味がしみていました ( ゚‥゚)=3

さてさて、今回のIH DE COOKING はいかがでしたでしょうか?
「豚の角煮」はハードルの高い料理だと勝手に思い込んでいましたが、
意外とお手軽に作れたんですね~! ミッションコンプリート!!


メジャー・アプライアンス株式会社
http://www.major.co.jp/

GAGGENAU (ガゲナウ)
http://www.gaggenau.jp/

Teka (テカ)
http://www.major.co.jp/teka/index.htm

オンラインショッピングサイト - MA ONLINE
http://www.major.co.jp/webshop/index.htm

コメントも書き込み可能ですので、料理のリクエストやご意見の方お待ちしております!
[PR]
by ihcooking | 2007-12-07 14:22 | 煮物

< 記者近影 >
料理の超ビギナーが輸入家電機器を使った古今東西の料理に挑戦するブログです!
by ihcooking
以前の記事
2010年 05月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
カテゴリ
全体
煮物
炒め物
パスタ
グリル
焼き料理
揚げ物
オーブン
スチームオーブン
菓子
IHについて
実験・測定
ガスについて
低温調理
未分類
検索
フォロー中のブログ
kitchen jour...
メモ帳
最新のトラックバック
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
INDEX用エントリー
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
BLOGへリンク
from オーダーキッチンのリブレ
生チョコを作ってみました。
from サイノメ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧